日経メディカルのロゴ画像

2005.02.01

【サプリ&機能性食品2005速報】 森永乳業、ビフィズス菌BB536の花粉症改善効果を発表 新商品BB536ヨーグルトを発売前にお披露目

 森永乳業は、1月26日〜28日に開催された「サプリ&機能性食品2005」で、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌B536が花粉症を軽減するというヒト試験による研究成果をパネル展示した。また、花粉対策ヨーグルトの新商品「BB536ヨーグルト」(120g入り、100円)を2月8日の発売に先がけてお披露目した。花粉症対策ヨーグルトなどでは、乳酸菌を含むものが従来からあったが、ビフィズス菌をメーンにしたものは初めて。

 同社は2004年の花粉症シーズンに、花粉症の自覚症状がある男女40人を二群に分け、一方にはBB536を20億個以上含むヨーグルトを、もう一方にはBB536を含まないヨーグルトを食べてもらう実験を実施。花粉飛散前の04年1月中旬から4月20日過ぎまで、14週間食べ続けてもらった。

 その結果、BB536摂取群では特に目の症状と鼻のかゆみが改善。また、採血して調べると、「スギ花粉特異的IgE値」(花粉症初期に上がる数値)が、BB536非摂取群に比べて有意に低かった。

 BB536が腸管の免疫細胞に働きかけて、ヘルパーT細胞のバランスをTh1に傾けてアレルギーを抑制するとともに、腸内細菌そうを整えてTh1とTh2のバランスを保つという「二つの相乗効果が表れたのではないか」と、同社食品研究所は推測している。

 すでに、ビフィズス菌BB536入り「ビヒダスヨーグルト」(500ml)は、「おなかの調子をよくする」という表示を許可されたトクホ(特定保健用食品)になっている。このヨーグルトは、100g中に20億個以上のビフィズス菌BB536を含む。

 新商品BB536ヨーグルトは12億個以上のビフィズス菌を含む。臨床試験に利用したときの菌数より少ないが、同社研究所第3開発室の小田巻俊孝研究員は、「これまでのビフィズス菌研究から、BB536ヨーグルトを2週間食べ続ければ腸内細菌そうのバランスが改善することがわかっており、新商品の量でも花粉症予防の効果を十分に期待できる」と語る。(熊介子、日経ヘルス