日経メディカルのロゴ画像

2004.04.27

【SARS速報】 中国のSARS流行でWHOの国際専門家チーム第一陣、28日から調査を開始

 世界保健機関(WHO)は4月26日、中国で新たに発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)流行の感染源調査などのため、疫学、ウイルス学、感染症対策、バイオセーフティなどの専門家を含むチームを同日派遣したと発表した。到着後、28日から調査を開始する予定だ。

 WHOでは、現在までに判明している情報から、感染源は北京の国立ウイルス学研究所である可能性が高いと見ている。同研究所ではSARSコロナウイルスの研究とワクチン開発が行われている。今回の感染者の中で、安徽省出身で安徽医科大の大学院生で国立ウイルス学研究所で研究に従事した26歳の女性と北京市在住で国立ウイルス学研究所勤務の31歳の男性が発症している。ただし、26歳女性の発症は3月25日、31歳男性の発症は4月17日と23日ものずれがあり、WHOでは、実験環境で複数回の感染機会があった可能性が高いと見ている。

 当局は研究所を閉鎖し、200人以上の職員を医学的観察下においている。また、研究所内から採取した膨大なサンプルをWHOとともに調査している段階だ。現在、感染者の接触者について、北京で640人、安徽省では353人が医学的観察下に置かれている。

 現在、公表されている8人の感染者のうち、6人は北京、2人は安徽省の在住者である。症状などの概要は次のとおり。

・北京市
1. 31歳男性、疑い例、4月17日発症、国立ウイルス学研究所の研究者。
2. 20歳女性、確定例、4月5日発症、看護師として安徽医科大学大学院生の26歳女性を看護した。
3. 症例2の父親、疑い例
4. 症例2の母親、疑い例、重症
5. 症例2のおば
6. 症例2の治療中、同じ病室にいた患者
・安徽省
7. 26歳女性、確定例、3月25日発症、安徽医科大学大学院生、国立ウイルス学研究所で研究に従事。
8. 症例7の母親、疑い例、4月8日発症、4月19日死亡。症例7に付き添って看護。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)