日経メディカルのロゴ画像

2004.03.19

FAO、高病原性トリインフルエンザ感染国の養鶏再開に慎重な対応求める

 国連の下部組織である世界食糧農業機関(FAO)はこのほど、高病原性トリインフルエンザ(H5N1)が流行した一部の国々で、特定の地域を「非汚染」地域に指定して養鶏の復活を図る動きに対し、流行再発を防ぐ厳重な防止措置が先決だとして、安易な再開を強く牽制した。

 FAOは、「トリインフルエンザとの闘いで進展があったのは事実だが、動物に症状が出ていなくてもウイルスが存在し続けているおそれがある」として、養鶏再開のためには「十分な予防措置」が必要と強調している。必要な措置としてFAOが挙げたのは、

1.ウイルスが分離されないことを確認するとともに、感染があった場所にワクチンを打っていない鶏(見張り動物)を置き、感染しないことを確認する。
2.鶏の移動と汚染された器材の存在を監視し、感染再発を防ぐ。
3.飼養する鶏と野鳥の接触を防ぐ。
4.厳重なサーベイランスを続け、流行の発生を監視する。
5.輸出を再開する場合、感染の発生がないことを海外の独立の専門家によって認証を受ける。

 さらにFAOは、「いくつかの国々は、国際社会に対して感染情報をきちんと提供すべきである」と異例の勧告を付記している。具体的な国名の明記を避けながらも、今回のアジアにおける高病原性トリインフルエンザ流行で、鶏などの輸出が重要産業になっているタイや中国に釘をさしたものと見られる。

 FAOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■