日経メディカルのロゴ画像

21世紀医療フォーラム『21世紀ヘルスケア』第2回研究部会が、6月25日に開催

2009/10/22
21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 田野井真緒

図3 家庭医療センター構想(津田 司氏 提供)

高齢社会の問題解決に寄与する「グループ診療」による家庭医療センター構想


柏市豊四季台における東大モデルが、日本の都市高齢化問題に解答を出せるかどうかの1つの鍵は、医師の在宅医療への積極的参加だが、辻氏らは「地域の中で熱心な先生、やる気のある先生に参加していただく」ことが基本と考えている。

在宅医療を軌道に乗せ、システムとして機能させるために欠かせないのが「現役のプレイヤーである医師だ」と、三重大学名誉教授の津田司氏。医師、看護師、介護福祉士らを十分に活用し、地域住民のaging well、aging in placeを支援するには家庭医療センターが効果的だと語る。

同氏によれば、家庭医は地域医療再生の一翼を担うに足る人材である。 合併症を抱え、病気の経過に心理社会的要因が影響する高齢者ケアでは、在宅ケア、在宅ホスピス、緩和医療の充実が欠かせない。さらに介護サービスが必要であり、個人のニーズに合った多様なサービス(都市型農業な福祉施設での庭づくりなど)で生きがいを創生することも必要だ。その上で、健康増進のための生活指導や予防医療も行わなければならない。

このような高齢者の特徴を考慮したとき、5人以上の家庭医によって運営される家庭医療センターは、幅広い診療能力、在宅ケア、在宅ホスピス、24時間対応の救急医療、予防医療、健康増進など、高齢者のニーズに応えうる施設である。

たとえば、救急患者の5~8割を占める軽症の一次救急患者診療を引き受けることで救急現場の疲弊を軽減できる。小児の日常よくある病気の診療により小児科医の負担も軽くなる。在宅ケアや終末期医療も可能だ。

5人以上の家庭医によるグループ診療(家庭医療センター)では、内科、小児科、整形外科、皮膚科、産婦人科など幅広い診療能力が期待でき、在宅ケア、在宅ホスピス、救急医療にも対応できる。さらに予防医療、健康増進のための生活指導にも配慮することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトレンド 医療潮流 > トレンド 医療潮流 新着一覧

トレンド 医療潮流 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ