日経メディカルのロゴ画像

今、医師の育成に何が必要か
21世紀医療フォーラム『医師の育成』研究部会が開催

2009/06/17
21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 田野井真緒

斎藤 康氏(千葉大学学長)

総合診療能力をもった医師の育て方

 福島氏の講演の後、まず千葉大学学長の斎藤康氏が発言。「社会の要求に応えるような医学教育が必要だが、初期診療において地域の診療所よりも専門医を求める風潮を是正することから始めないと本来の医学教育は成り立たないのではないか」と語った。

 医師を大きくわけると総合診療能力をもった医師と専門医がある。患者が、地域の診療所よりも大学病院や地域基幹病院の専門医を求めるのは、専門医の方が医師として優れているという誤解に基づいているという側面もある。だとしたら「総合診療能力をもつ医師の、本来あるべき姿を提示することによって、患者さんの受診パターンが変化するかもしれない」(斎藤氏)

 日本では大学病院の中に総合診療部を開設してプライマリ・ケアの教育機能をもたせようとしたが、英国のキングス大学医学部では町の中にプライマリ・ケア診療所をつくり、地域の教育力で総合診療能力のある医師を育てようとしている。どちらのシステムが優れた総合診療能力をもった医師をより多く輩出できるか。福島氏がすでに語ったように、大学病院の教育機能を考えたとき、その答は明らかであろう。

白井厚治氏(東邦大学医療センター佐倉病院院長)

 日本の医学教育は大学に依存してきたが、新医師臨床研修制度は研修医の大学離れを促進した。東邦大学医療センター佐倉病院院長の白井厚治氏は「私たちの病院にはおよそ120名の医師がいるがそのうちの半数は若い医師、研修医である。彼らが大学病院を支えているという一面があり、若い医師がいない大学病院は持ちこたえることはできない」と言う。

 大学からみれば、研修医にとっていかに魅力的な、言い換えれば、医師としての能力を高められる研修が求められている。研修医は地域で研修すると新しい知識や最新の医療技術を学べないと言うが、大学が地域に出てプライマリ・ケアを担う医療施設をもてば、研修医のそうした危惧も解消され、総合診療能力をもった総合医が育つかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトレンド 医療潮流 > トレンド 医療潮流 新着一覧

トレンド 医療潮流 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ