日経メディカルのロゴ画像

今、医師の育成に何が必要か
21世紀医療フォーラム『医師の育成』研究部会が開催

2009/06/17
21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 田野井真緒

福島 統氏(東京慈恵会医科大学教育センター教授)

「患者こそ最高の師」という環境の中で学ぶ臨床実習

 これまで日本において、多くの医学教育に関する答申(表1)が出され、医学教育改革が試みられてきたが、福島氏は、「過去、医学教育カリキュラムはいくつかの変化を遂げて現在に至っているが、カリキュラムの変化として重要な点としては、講義中心の知識伝達から「問題解決型学習」「見学型臨床実習」から「診療参加型臨床実習」などが挙げられる」と語った。

 「問題解決型学習」とは、医学生がそれまでに学んだ知識を活用して、症候から患者さんの体の中で起こっている事柄を考え、その病態をもとにpatient managementする問題解決能力(臨床推論能力)を養う学習である。また、卒前臨床実習教育における「参加型臨床実習」は、医学生が診療チームの一員として、たとえわずかでも責任をもって患者診療に関わり、患者、家族、他の医療スタッフから学ぶ形態を指す。医学生は、能動的に患者貢献しようとすることで、自分にどのような能力が足りないか(学習目標)を知り、それを自己学習・トレーニングしていかなければならない。

表1 医学教育に関する答申

 このような臨床実習は見学型実習に比べて明らかに有効だが、「参加型臨床実習」を行うためには、臨床実習に必要とされる技能と態度が学生に身についていることが前提であり、それを評価するのが臨床実習開始前に行なわれる客観的臨床能力試験(OSCE : Objective Structured Clinical Examination)である。

 現在、80医科大学のすべてにおいて共用試験としてOSCEが実施されているが、福島氏は「もし、学生が知識や技能が不十分だと感じたら、まずはベッドの下を掃除することから始めるべき(感染防御の鉄則)」だと語り、医師を育ててくれるのは患者であり、職場(臨床現場)の中で学ぶ実習が重要であることを強調した。

 医師法には、「医師国家試験は医師に足る知識と技能を有しているかを問う」とあるが、現行の医師国家試験は「知識」のみを問うものである。将来の国家試験にOSCE導入が検討されているが、現在はまだ実現していない。一般国民の4割以上が、医師国家試験に実技試験が含まれていると信じているのに、現実には「知識」偏重の国家試験によって多くの医師が誕生しているのである。ちなみに韓国では2009年から国家試験OSCEが導入されており、日本は明らかに立ち遅れている。

 そして、このような医師の育成のあり方に、「現場で役立たない医師を育てている」といった医療現場からの批判が生まれる素地がある。しかし、そのように批判する臨床医たちも、「知識」偏重の国家試験によって医師になったのであり、彼らが戦力として活躍できるようになったのは、現場で患者から学んだからにほかならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトレンド 医療潮流 > トレンド 医療潮流 新着一覧

トレンド 医療潮流 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ