日経メディカルのロゴ画像

臨床薬剤師と漢方を2大テーマとして問題点を提言へ
21世紀医療フォーラム『臨床薬剤師、漢方医学』研究部会が開催

2009/03/27
21世紀医療フォーラム取材班デスク 油井富雄

中村直行 氏(中村直行研究室)

「和漢薬を概説できる」医学、薬学教育を文科省が提唱。
今後は、医師、薬剤師国家試験問題に「漢方」の出題が望まれる

2003年、文科省の医学教育のモデル・コア・カリキュラムにおいて、医学・薬学教育の分野で、『和漢薬を概説できること』が初めて銘記された。それまでは、ごく一部の医学部・薬学部でしか漢方教育が行われていなかったという現状がある。

実際に、医学部、薬学部では、これに添った漢方医学の教育が試みられているが、教員不足、教育の標準化など課題が多い。

医療面接の技法を日本に初めて導入し、医師国家試験問題に取り上げられことに尽力した経験を持つ津田 司座長は、次のような見解を述べた。

「医師、薬剤師の国家試験に、ある分野の問題が採用されるためには、全国の大学で同様の教育が行われているかどうかが基準となります。国家試験に「漢方」の問題が出題されることは、実に大きな意味を持ちますが、これには地道な活動が必要です。国家試験レベルで議論になるために、全国の大学での『漢方医学』教育の標準化が必要です」。

歴史を紐解いてみると、明治政府は、明治7年、「医制」を交付。翌明治8年には、西洋医学のみの医師資格試験を実施した。この時より漢方医学は、日本の医学制度から完全に無視されたのである。日本の薬剤師制度も、それに準じた形、つまり医師に従属する形で発展してきた経緯がある。

 日本の漢方は、普及はしているものの、西洋医学の範囲内で使われ、西洋医学的な病名投与が行われている現状がある。また、医師なってから漢方を修練し、薬剤師資格試験を取得。その後、漢方講習会などに出席して、独自に「漢方医学」を学んだ医師たちが、現代の東洋医学の分野で活躍はしているが、まだ少数派といえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトレンド 医療潮流 > トレンド 医療潮流 新着一覧

トレンド 医療潮流 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ