日経メディカルのロゴ画像

臨床薬剤師と漢方を2大テーマとして問題点を提言へ
21世紀医療フォーラム『臨床薬剤師、漢方医学』研究部会が開催

2009/03/27
21世紀医療フォーラム取材班デスク 油井富雄

津田 司 氏(三重大学大学院医学研究科・家庭医療学教授)

臨床薬剤師と漢方医学を2大テーマとして、薬剤師の積極的治療参加を考える

会合の最初に、21世紀医療フォーラム・プロデューサー・阪田より、本研究部会の基本姿勢と設置の目的として、「これからの医療を考える時、医師、患者の問題だけではなく、薬剤師の果たす役割を考えねばならない。6年制の薬学教育の第1期生がこの4月に5年目に突入し、今後、“臨床薬剤師”という概念が注目されている。また、近代西洋医学とは異なる漢方医学、その併用がますます重要になってくる。薬剤師の在り方、漢方医学をどう応用し、良い医療を構築していくかを考え、秋には行政側への提言を取りまとめたい」との、本研究部会開催の主旨説明が行われた。

 漢方医学が、現代医療に果たす役割として注目されている点は以下である。

  1. 漢方薬の近年の注目度は、OTC薬ではダイエット用漢方薬、風邪薬での応用などが、一般に普及する一方、医療用漢方薬も昭和51年の漢方薬のエキス製剤の健康保険適用によって急速に伸びている。日経メディカルの調査でも全国の医療施設の7割が使用。
  2. 高齢者の急増によって、多様な愁訴に対応し、副作用が西洋薬と比べて比較的少ない漢方薬が注目されている。
  3. 西洋薬と漢方薬の併用の研究も進み、より良い医療の構築に欠かせない。
  4. 外科部門において、開腹手術のイレウス(腸閉塞)防止に、大建中湯が第一選択になっているように、近代医学の中で漢方薬の新しい役割が注目されている。

初の漢方薬学科設置。薬剤師国家試験に漢方出題はほとんどないという現状

薬剤師養成のための薬学部。その中で、漢方というキーワードを重視し、日本薬科大学では、4年前、当時唯一の漢方薬学科を設置している。(翌年・横浜薬科大学にも設置)

また、日本薬科大学は、薬科大学では初の附属病院の設立構想があることから、日本薬科大学の経営母体である都築学園の都築仁子総長に意見を聞いた。

「日本古来の漢方の普及は、より良い医療や予防医学を考える上で不可欠です。漢方を専門に教える学科を設置したが、薬剤師の国家試験に漢方関連の出題がほとんどありません。これは、薬学部や薬科大全体において漢方教育を行う上で、非常に問題となっています。薬剤師の国家試験へ、漢方の出題をすることで、まず薬剤師を目指す人々へ、そして一般に、もっと漢方が普及するのではないかと考えています」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトレンド 医療潮流 > トレンド 医療潮流 新着一覧

トレンド 医療潮流 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ