日経メディカルのロゴ画像

臨床薬剤師と漢方を2大テーマとして問題点を提言へ
21世紀医療フォーラム『臨床薬剤師、漢方医学』研究部会が開催

2009/03/27
21世紀医療フォーラム取材班デスク 油井富雄

21世紀医療フォーラム『臨床薬剤師、漢方医学』研究部会

『臨床薬剤師、漢方』研究部会の座長に就任したのは、三重大学大学院医学研究科・津田司教授(家庭医療学・学長補佐兼任)。同氏は、これまで医療面接などの技法を始めて導入。医師国家試験に医療面接技法の導入に尽力し、総合医の育成を提唱し、家庭医を中心とする家庭医療センター構想を進めている医師である。

さて、薬学部の6年制教育が始まって4年が経過し、日本の薬学教育史上初の未知の部分の5年目がこの春から始まる。より専門的、高度な薬剤師育成が進められる中で、今後は、治療に積極的に参加する、いわゆる“臨床薬剤師”という概念の具体化が問われてくる。

近年、近代西洋医学に対して、日本の伝統医学である「漢方医学」が医薬分野で注目されている。この中で、全国で初の「漢方薬学科」という専門科を設置した日本薬科大、横浜薬科大の経営母体である都築学園・学園総長で理事長の都築仁子氏、統合医療分野の詳しい中村直行研究室・中村直行氏らが参加し、今後の薬剤師、漢方医学の応用による、より良い医療への発展の道が議論された。

21世紀医療フォーラム『臨床薬剤師、漢方医学』研究部会 
第1回会合 出席者
座長

津田 司 氏(三重大学大学院医学研究科・家庭医療学教授)

  中村直行 氏(中村直行研究室)
  都築仁子 氏(都築学園総長・理事長)
  都築明寿香 氏(都築国際育英財団理事長)
  油井富雄 (21世紀医療フォーラム取材班デスク)
司会 阪田英也 (21世紀医療フォーラム・プロデューサー)
  池畠宏之 (21世紀医療フォーラム取材班チーフ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトレンド 医療潮流 > トレンド 医療潮流 新着一覧

トレンド 医療潮流 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ