日経メディカルのロゴ画像

超高齢社会の医療とシステム(2)
フィールドでの実証研究を通して、超高齢社会のあるべき姿を追及

2009/08/24
東京大学高齢社会総合研究機構教授 辻 哲夫氏

図3 住宅政策との連携のイメージ

 そこで重要なのが住宅政策と医療、特に介護と連携した在宅医療政策です。住居は自分の世界であると同時に社会の中にあり社会に開かれた空間です。基本的にはそれまで自分が住んでいた環境の中で住み続けることが自然であり、幸せにつながると考えています。基本は住み慣れた所で暮らすことですが、あるいは借り換えという形も考えられるかもしれません。

 今まで住んでいた広い住居を若い人に貸して、高齢者はヒューマンサービスが充実した自分のなじみのある便利な所に住み替えるという方法です。郊外よりも街中の方が便利だと考えれば、賃料と年金で生活を賄い、街中に住み替えるというケースもあるでしょう。

─在宅医療については、どのような形態が考えられますか。

辻:図3は住宅政策と医療・福祉との連携のイメージですが、高齢者が住む集合住宅に直結した在宅医療福祉サービスのシステムを導入します(図4)。

図4 在宅療養支援拠点イメージ─地域で支えるケアの構築

 地域の在宅医療福祉サービスは、基本的に、病気予防のための生活指導や24時間対応の在宅医療・訪問看護・介護を行います。そして病院や施設との連携をしながら緊急時の入院対応や回復期のリハビリテーション、さらには在宅復帰に向けた支援が行われるようにします。

 

 このような医療福祉サービスを提供することによって、身体機能が低下した高齢者であっても、日中は車椅子などで街中に出て人と交流できるようなコミュニティをつくります。高齢者医療福祉政策と住宅政策はパッケージで考えており、足腰が弱っても地域での活動性を担保するためにはバリアフリーを基本にした住宅政策と在宅医療福祉の充実は欠かせません。

─社会の高齢化とともに、医療の対応も変わらなければならない。

辻:かつての医療の基本は「死と闘う」ことが中心でした。今後もこのことは基本的に重要ですが、今後の超高齢社会においては生老病死という人間本来の姿について社会全体が考えることになるでしょう。いま医療が更に考えるべきことは、高齢者が弱ったとしても、いかに生活者として地域で幸せな時を過ごして安心して死を迎えることができるかであり、医療はそれを支えるものでもあるということが大切になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトップインタビュー > トップインタビュー 新着一覧

トップインタビュー 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ