日経メディカルのロゴ画像

専門医には研究の実績を義務づけることが必要。医師をランク付けして経済的なインセンティブを

2009/06/25
内閣府総合科学技術会議議員 本庶 佑 氏

― その一方で、新臨床教育制度による影響も大きかったと言われています。自由に臨床研修病院を選べるようになった学生たちは、大学附属病院よりも、都市部の民間病院を選ぶ傾向が強くなった。そのため、大学附属病院の現場もそうですが、大学附属病院から医師の派遣を受けていた地方の自治体病院の現場も疲弊しています。

本庶 新臨床研修制度は、功罪半ばするところがありそうだけれども、私は現場の人間ではないので、ここで細かく意見を言うのは差し控えたいと思います。ただ、若い人が、大学附属病院よりも民間病院、さらには開業医に流れるのは、若い人の気質の問題もあるだろうけれども、医師会の仕組みにも大きな問題があると私は思いますね。

例えば、医師会は診療科の自由標榜制を譲ろうとしない。医師免許さえ取れば、どんな診療科を名乗ってもいいという自由標榜制を、医師の自由だとして固守していますね。その一方、昔は開業したら往診というのが一種の義務だと見られていたのに、いまはほとんどの開業医が往診をしていない。つまり、義務は怠っておきながら、都合のいい権利ばかりを取ろうとしているのです。そういう悪い風潮が若い人にも伝わって、できるだけ楽をして、収入だけは上げたいという意識になっている。それは医師として、本来あるべきことではないと私は思います。

医師をランク付けし、経済的なインセンティブを

― 本庶先生は、21世紀医療フォーラムの第1回代表世話人会のご挨拶の中でも、「医療は公共性があり、いわゆる自由主義経済ではやっていけない。ある程度、個人の自由を制限すし、医師、患者双方に向けてのルールづくりが必要」と発言されています。最後に、この点での持論をおうかがいしたいのですが。

本庶 私が以前から言っている持論の1つに、診療科の定員制の導入があります。これは欧州各国が普通に導入している制度で、各診療科で必要な人数を算定し、試験を実施して、医師を振り分ける制度です。こうしてある程度、自由を制限する一方では、やる気のある、腕の良い医師のために、経済的なインセンティブを与えるべきだと思います。

現在の診療報酬制度では、医師免許を取ったばかりの若い医師も、ベテランの医師も、1つの医療行為をした場合、まったく同じ診療報酬になってしまいます。これは悪平等です。やはり3段階くらいに医師の資格をランク付けして、その段階ごとに診療報酬の単価を変えていかないとダメだと思う。そこに、専門医制度を組み合わせて、専門医の資格を取った医師は、例えばA、B、Cの3ランクがあるのなら、最上位のAランクに位置づけるようにすればいい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトップインタビュー > トップインタビュー 新着一覧

トップインタビュー 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ