日経メディカルのロゴ画像

臨床研修制度の見直しで「医師不足」は解消するのか? 

2009/05/27
社団法人 全国社会保険協会連合会 理事長 伊藤雅治氏

― 医師不足など医療制度全体の問題を、臨床研修制度の問題にすり替えて議論するのはおかしい、と。都道府県別の研修医の募集定員をコントロールしたところで、研修医が、その後もその地域の病院に勤務する保証はありません。

伊藤:ですから、もっと将来を見据えた根本的な議論をしていくべきです。2年間の臨床研修制度だけにとどまらず、専門医を養成する後期臨床研修制度も含めて、これからの医師の養成の形を考えていかなければなりません。

医師の学部教育、卒後の臨床研修、専門医の養成は一連の問題なのです。そう考えると、いまの臓器別の専門医以外に、一専門分野として「総合医」というものを考えて、養成し、将来的にそこに一定数の医師を振り分けていくことが、どうしても必要になると思います。

例えば現状でも、病院で脳外科の専門医を30年やってから、開業して一般向けの“総合医”になるという、おかしな形が出てきています。脳外科以外はほとんどわからない“総合医”です。地域の開業医が、そんな不思議な医師ばかりになったら、困るのは国民でしょう。

― 三重大の総合診療学部の津田司先生は、地域で4~5人の総合医が集まって総合医療センターのようなものを作り、そこで一次救急、小児、産婦人科もカバーするという構想を進めています。そういう形も、あっていいわけですね。

伊藤 もちろん、総合医が集まって診療所を作ってもいいし、地域の病院の中に総合診療部を作るような形でもいいでしょう。また、開業医、診療所にも、2種類あっていいと思いますね。専門に特化した開業医と、総合医のいる診療所と、両方あっても構わない。

ただ、問題なのは総合医の養成機関です。いま大学病院に総合医の養成を行っているところがいくつかありますが、どこもうまくいっていません。さらに、新制度の総合医ができた時に、いま開業している医師たちを、どういう位置づけにするかという問題もある。

簡単な研修だけして総合医の看板を掲げて良いのかどうか。この辺はまだまだ各方面で、多くの議論の必要がありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトップインタビュー > トップインタビュー 新着一覧

トップインタビュー 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ