日経メディカルのロゴ画像

臨床研修制度の見直しで「医師不足」は解消するのか? 

2009/05/27
社団法人 全国社会保険協会連合会 理事長 伊藤雅治氏

研修プログラム改善のため、まず指導医の体制の整備が

― 見直し案では、大学病院に、研修医を呼び戻す効果も期待されているようです。

伊藤:研修医を呼び戻したいのならば、「新臨床研修制度」を見直す前に、大学病院などが自分の病院の研修プログラムを点検し、なぜ研修医が来なくなったのか、研修医に選ばれる病院にするにはどうすればよいのか検討することが先決ではないでしょうか? すでに多くの大学病院では、そうした努力が進み、研修プログラムが改善されつつあります。大学病院、市中病院の別を問わず、研修医に選ばれるプログラムをいかに提供するかが何より重要です。

― プログラム改善のための主な課題は何でしょうか?

伊藤:まず指導医の体制ですね。さらに、研修医が、まだ診断のついていない患者さんに、どれだけ数多く接することができるかでしょう。3カ月なり半年なりの間に、一定の到達レベルに達するためには、多くの患者さんを、実際に診られるかどうかが重要です。

その点、大学病院は、いわば不利なのです。紹介患者が多いわけですから、診断のついた患者が数多く来る。総合的な診断能力を養うためには、まったく診断のついていない、まっさらな状態で目の前の患者さんを診て、医学的な推論をしながら、その診断を確定していくという作業が必要です。大学病院であっても、そうした環境を、研修医のために用意するべきです。

― 地方の病院の中には、規模が小さくて、症例や、その数がなかなか揃わないところもあると思いますが。

伊藤:ですから臨床研修指定病院は、単独型、管理型、協力型に分けられています。単独型は、病院単独または研修協力施設(保健所、中小病院・診療所、社会福祉施設、介護老人保健施設、へき地・離島診療所等)との連携によって、臨床研修病院の指定基準を満たす病院です。

一方、管理型、協力型は、お互いに協力しながら、研修協力施設とも連携していく必要がある病院です。新臨床研修制度がスタートして5年ほどたっていますから、こうした臨床研修指定病院の実績も評価し、レベルの低い病院は指定を外したり、扱いを変えることも考えるべきでしょう。

また、大学病院の場合、たとえ単独型に指定されていたとしても、コモンディズィーズ(一般に頻度の高い症例)の症例がさほど多くないのであれば、大学病院だけで研修を実施するという発想を捨てたほうが良いのではないでしょうか。

関連の地域の病院、場合によっては診療所とも連携をとって研修するという考え方が必要だと思います。要は2年間の臨床研修で、研修医を、いかに必要なレベルに到達させればいいかという観点から、プログラムを点検することです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトップインタビュー > トップインタビュー 新着一覧

トップインタビュー 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ