日経メディカルのロゴ画像

卒後臨床教育のあり方を問う(2)
限りなく客観的な判断が求められる医療が独善的にならないために

2009/04/08
独立行政法人国立病院機構・京都医療センター院長 藤井信吾 氏

 それから、これまでの研修教育は、数少ないお節介な医師達が後輩の教育をしてきました。若い医師にとって、先輩医師の経験を聞くことは大きな糧になりますが、先輩医師も人手不足で若い医師の教育までつきあえない状況になっているのです。つまり若い医師達を教育する先輩医師への配慮がまったくない状況の中で、お節介な医師がいたから、かろうじて研修教育が維持されてきたのであり、そうした人に出会えた研修医はラッキーだったのです。

 講義でも実習でも、今の研修教育は限られた時間の中で知識や技術を伝えるものなので、教える側には教えたという実感はありますが、一方通行になりやすい。一方、学ぶための姿勢や心構えだけを話す、いわば学ぶ力を養う教育は教える側に待ちの姿勢と時間が求められます。しかし、それだけの我慢が臨床現場でできるかというと大いに疑問ですね。

─質の高い医療を行うための教育とはどのようなものでしょうか。

藤井 私が臨床医として心がけてきたことは、①自分の医療レベルが基準に達していると思って自己満足しないこと、②素直によいと思われる新しい医療を導入(生涯教育)する心を持ちつづける、③「言い訳を言わない医療」の実践、④常に「客観的な評価に耐える医療」への努力、⑤他人にできることは自分にもできるはずだという、常に新しいことに挑戦する心をもつこと、⑥常に確認することを反復する習慣をつけること、でした。

 質の高い医療あるいは美しい医療と言いかえてもいいのですが、これを実現するためには、若いウブな心の時代に、学び取ろうとする心の灯火を灯すような教育が必要です。受動的に知識を学ぶだけでなく、能動的に自らが学び取ろうという姿勢を培う教育です。

 例えば、手術をライブで見て、術者のしゅん巡や決断の瞬間にたち合うことは若い医師にとって大きな糧になるはずです。あるいは先輩医師の経験を追体験することは、職業としての医師のあり方を考えるよい機会になるでしょう。教育には時間と忍耐が必要なのです。
そして「言い訳を言わない」美しい医療を実践しょうではありませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページトップインタビュー > トップインタビュー 新着一覧

トップインタビュー 新着一覧

この記事を読んでいる人におすすめ