トップページリポート 医療の現場から > 「きちんと知りたい妊娠の心得11カ条」 

「きちんと知りたい妊娠の心得11カ条」 

~妊婦の教育が、産婦人科医の負担軽減につながる

2009/5/30  21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 森 裕

川崎医科大学産婦人科 非常勤講師 宋美玄 氏

 「セックスをしたら妊娠します」「この男の子供を産むためなら死んでもいい!と思うような男の子供しか妊娠してはいけません」・・・・・・など、タイトルだけ読むと、当たり前のことばかり並べた「きちんと知りたい妊娠の心得11カ条」(表1)が話題を呼んでいる。

 書いたのは、川崎医科大学産婦人科非常勤講師・宋美玄氏。今年で産婦人科医になって9年目の女性医師だ。学生時代には、21世紀医療フォーラムの代表世話人である大阪大学副学長・門田守人氏に薫陶を受けたという。

 「きちんと知りたい妊娠11カ条」の体裁は、ご覧のとおり、関西風のサービス精神にあふれているが、内容は表題通り、妊婦の素朴な疑問に女性の視点から適切に答える形になっている。今年3月8日に東京で行われた同氏の講演会には、一般の人とともに産婦人科などの医療関係者も多数詰めかけ、活発な議論が展開された。  宋氏に11カ条の心得を書いた背景、妊婦に知っておいて欲しいこと、そして産婦人科の「今そこにある危機」について取材した。

「11条の心得」執筆のきっかけは、都立墨東病院の報道から

 宋氏がこの心得を書くきっかけとなったのは、都立墨東病院で脳出血の妊婦が死亡した事件だ。医療者の間では妊婦が脳出血の場合、死亡率が非常に高く、すぐに手術しても重度の後遺症が残るという考えが常識だが、一般にはそのような認識がない。

表1『きちんと知りたい妊娠の心得11カ条』

 「施設間の連携がうまくいってなかったのは、本来あるべき姿ではありませんが、病院がすぐにみつかれば、妊婦が助かったという報道には異論があります」と宋氏は語気を強める。これでは妊娠中の脳出血は死亡率が高いということを、一般の人は報道から読み取れず、医療者側の責任だけが強調されてしまうからだ。

 「最近の産婦人科に関連する報道を正しく理解するためには、これから母親になる人に妊娠・出産にリスクが伴うことを再認識してもらうことが不可欠。さらに、妊婦さんの中には正しい知識が無いために悩んだり苦しんだりしている人がいるので、それにも応えてあげたい。この2つの理由から11カ条の心得を私のブログにアップしました。すると、妊婦さんだけでなく医療者からも大きな反響があって驚いています」と宋氏は言う。

 おそらく、妊婦に好評だったのは、同じ年頃の女性医師が自分と同じような目線で、押しつけがましくなく説明してくれたからだろう。最近は、妊娠しても妊娠・出産の手引き書さえ読んでいない妊婦も多い。そのため妊娠中に1回カゼ薬を飲んだだけで、中絶しなければと不安にかられる妊婦や、帝王切開の必要がある時に自然分娩にこだわって、説得するのに2時間もかかる妊婦もいるという。

トップページリポート 医療の現場から > リポート 医療の現場から 新着一覧

リポート 医療の現場から 新着一覧

  • 地域医療の崩壊は食い止められるか 銚子市立総合病院「休止」と「再開」の狭間で(1)(2009年7月17日)
    ノンフィクションライター 田中幾太郎

     全国各地の自治体病院が苦境に陥っていると言われてから久しい。だが、根本的な解決策はまったく見いだされず、大半の施設は相変わらず、医師不足や累積赤字に悩まされている。昨年10月に診療を停止した銚子市立総合病院も、地元住民の願いに反して、8ヵ月以上が経過した今も再開の目処は立っていない。同病院のケースは多くのメディアでも採り上げられ、世間の注目を集めたが、なぜ、ここまで追い詰められたのか、背景に横たわる複雑な事情が正確に伝わっているとは言い難い。これから3回にわたって、その裏に隠された真相を洗いだしながら、地域医療復興へのヒントを探ってみたい。(続きを読む

  • 「きちんと知りたい妊娠の心得11カ条」 (2009年5月30日)
    21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 森 裕

     「セックスをしたら妊娠します」「この男の子供を産むためなら死んでもいい!と思うような男の子供しか妊娠してはいけません」・・・・・・など、タイトルだけ読むと、当たり前のことばかり並べた「きちんと知りたい妊娠の心得11カ条」(表1)が話題を呼んでいる。 書いたのは、川崎医科大学産婦人科非常勤講師・宋美玄氏。今年で産婦人科医になって9年目の女性医師だ。学生時代には、21世紀医療フォーラムの代表世話人である大阪大学副学長・門田守人氏に薫陶を受けたという。(続きを読む

  • 「#8000」、「こどもの救急」を知っていますか?(2)(2009年4月21日)
    取材:21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 森 裕

     発熱や下痢、嘔吐・・・子どもが急に具合が悪くなることはよくある。それも夜間や休日、病院がやっていない時に限って起こったりする。今は核家族化が進んでいるから、近くに相談相手になってくれる年寄りもいないし、少子化で、育児の経験が乏しく、母親は不安に駆られる。 あわてて24時間対応の救命救急センターに飛び込むと、すでに同じような子どもを抱えた母親でいっぱいだ。長時間待たされることで、みんな殺気立っている。コンビニ受診*という後ろめたさも脳裏をよぎる・・・。 今回は、そんな母親の悩みを解消してくれる行政側、医療側の取り組みを紹介する。<br />*コンビニ受診:緊急性がなく軽い症状なのに、夜間/休日に病(続きを読む

  • 「#8000」、「こどもの救急」を知っていますか?(1)(2009年4月14日)
    取材:21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 森 裕
  • 「救急」〜医師不足をどうやって補うか(2)(2009年3月25日)
    帝京大学ちば総合医療センター救急集中治療センター
  • 「救急」〜医師不足をどうやって補うか(1)(2009年3月7日)
    帝京大学ちば総合医療センター救急集中治療センター

関連記事

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正