日経メディカルのロゴ画像

~母親の不安解消に役立つ電話相談、インターネット
「#8000」、「こどもの救急」を知っていますか?(1)

2009/04/14
取材:21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 森 裕

図2(厚生労働省 医政局 指導課)

 すぐ、病院に行くべきか、翌日でもよいのかをアドバイスしてくれるので、それだけでも、母親は大助かりだ。また小児の病気の中には、軽症に見えることで受診をためらっている間に、症状が悪化してしまうものもあるので、専門家の意見を聞くことが大切だ。

 保護者向けの小児救急電話相談事業は、すでに広島県など一部の自治体が独自に行っていたが、#8000はそれを厚生労働省が2004年から都道府県に補助金を出して、全国的に展開したものだ。

 2009年2月1日の時点で富山県と沖縄県を除く45都道府県が導入している(図2)。19時から23時くらいまで相談を受け付けている所が多いが、福島、大阪、長崎、大分の4府県は翌朝8時まで実施している。

図3(東京都福祉保健局 少子社会対策部 子ども医療課)、図4(東京都福祉保健局 少子社会対策部 子ども医療課)

 運営体制は自治体によって異なるが、看護師が主体となり、医師は携帯電話で連絡というところが多い。相談を受け付ける看護師や医師の確保が難しいので、地方の医師会が輪番で対応しているところ、東京の民間会社に業務を委託しているところもある。

 東京都の例を紹介しよう(図3)。相談員は保健師、助産師、看護師という資格を持つだけでなく、相談業務や病院勤務などの経験があるベテランだ。まず、相談員が対応し、医師の助言が必要な場合、また相談者がどうしても医師と話したいというケースは医師に転送している。

 17時に相談を開始すると、一斉に電話がかかってくる。22時までのアクセス数は1日60件前後、年間で2万件程度だ(図4)。症状で多いのは、下痢、嘔吐といった消化器の訴え、次が発疹など皮膚的な疾患、そのあとカゼ、熱と続く。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページリポート 医療の現場から > リポート 医療の現場から 新着一覧

リポート 医療の現場から 新着一覧

  • 地域医療の崩壊は食い止められるか 銚子市立総合病院「休止」と「再開」の狭間で(1)(2009年7月17日)
    ノンフィクションライター 田中幾太郎

     全国各地の自治体病院が苦境に陥っていると言われてから久しい。だが、根本的な解決策はまったく見いだされず、大半の施設は相変わらず、医師不足や累積赤字に悩まされている。昨年10月に診療を停止した銚子市立総合病院も、地元住民の願いに反して、8ヵ月以上が経過した今も再開の目処は立っていない。同病院のケースは多くのメディアでも採り上げられ、世間の注目を集めたが、なぜ、ここまで追い詰められたのか、背景に横たわる複雑な事情が正確に伝わっているとは言い難い。これから3回にわたって、その裏に隠された真相を洗いだしながら、地域医療復興へのヒントを探ってみたい。(続きを読む

  • 「きちんと知りたい妊娠の心得11カ条」 (2009年5月30日)
    21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 森 裕

     「セックスをしたら妊娠します」「この男の子供を産むためなら死んでもいい!と思うような男の子供しか妊娠してはいけません」・・・・・・など、タイトルだけ読むと、当たり前のことばかり並べた「きちんと知りたい妊娠の心得11カ条」(表1)が話題を呼んでいる。 書いたのは、川崎医科大学産婦人科非常勤講師・宋美玄氏。今年で産婦人科医になって9年目の女性医師だ。学生時代には、21世紀医療フォーラムの代表世話人である大阪大学副学長・門田守人氏に薫陶を受けたという。(続きを読む

  • 「#8000」、「こどもの救急」を知っていますか?(2)(2009年4月21日)
    取材:21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 森 裕

     発熱や下痢、嘔吐・・・子どもが急に具合が悪くなることはよくある。それも夜間や休日、病院がやっていない時に限って起こったりする。今は核家族化が進んでいるから、近くに相談相手になってくれる年寄りもいないし、少子化で、育児の経験が乏しく、母親は不安に駆られる。 あわてて24時間対応の救命救急センターに飛び込むと、すでに同じような子どもを抱えた母親でいっぱいだ。長時間待たされることで、みんな殺気立っている。コンビニ受診*という後ろめたさも脳裏をよぎる・・・。 今回は、そんな母親の悩みを解消してくれる行政側、医療側の取り組みを紹介する。<br />*コンビニ受診:緊急性がなく軽い症状なのに、夜間/休日に病(続きを読む

  • 「#8000」、「こどもの救急」を知っていますか?(1)(2009年4月14日)
    取材:21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 森 裕
  • 「救急」〜医師不足をどうやって補うか(2)(2009年3月25日)
    帝京大学ちば総合医療センター救急集中治療センター
  • 「救急」〜医師不足をどうやって補うか(1)(2009年3月7日)
    帝京大学ちば総合医療センター救急集中治療センター

この記事を読んでいる人におすすめ