日経メディカルのロゴ画像

国立国語研が「イレウス」「QOL」など57語について提案
「病院の言葉」を分かりやすくする説明案が発表

2009/03/27
医師・作家 米山公啓

 独立行政法人国立国語研究所の「病院の言葉」委員会(委員長:国立国語研究所所長の松戸清樹氏)は3月7日、医療従事者がよく使う言葉を患者に分かりやすくするための提案を発表し、記念フォーラムを開催した。
 同委員会は、医療者が用いる用語の頻度調査、用語についての医療者の意識調査、非医療者の理解度調査などから、候補となる2000語を抽出。最終的に57 語について、言葉遣いの工夫をまとめた。今回発表されたのは、2008年10月に公表した中間報告に寄せられた約900件の意見を踏まえて、最終提案としてまとめられたもの。中間報告では、医療者の97%、非医療者の94%が「参考になる」と回答している。
 委員会によると、医療従事者が使う言葉が患者に伝わらない原因は、(1)患者に言葉が知られていない(2)患者の理解が不確か(3)患者に理解を妨げる心理的負担がある――に類型化される。これらを分かりやすく伝える工夫として、原因に応じて(A)日常語で言い換える(B)明確に説明する(C)重要で新しい概念を普及させる――ことを提案した。
 (A)の一例は、「イレウス」。この言葉は患者の認知度が12.5%と低いため、「腸閉塞」や「腸の通過障害」と言い換える、あるいは少し詳しく「腸の一部が詰まって、食べたものやガスが通らなくなっている状態です」と説明することを提案している。
 (B)の一例は、「頓服」。患者の認知率は高い(82.6%)が、鎮痛薬または解熱薬を指す言葉という誤解がそれぞれ3割を超えるなど、理解度はかなり低い。そこで、「食後など決まった時間ではなく、発作時や症状のひどいときなどに薬を飲むことです」と、明確に説明することを提案している。
 (C)の例としては、インフォームドコンセント、QOL、MRIなどが挙げられている。
(日経メディカルオンライン 2009年3月11日付記事から)

言い換えだけでは問題は解決しない

 医者やナースの使う言葉がわかりにくということで、私は10年近く前に「医者語ナース語」という本を出している。きっかけは医者が患者さんに病状説明をしているのを聞いた時だった。ほとんど無意識のように専門用語を使っていることに驚いた。これでは患者さんは、医者の説明がわからないだろうなと思ったのだ。

 自分の権威を保ちたいのか、肝心なところになると、専門用語を使ってしまう。自分が有利な医者という立場であるのを、患者にわからせるようにしているとしか思えなかった。

 今回の「病院の言葉を分かりやすくする説明」というのは、「何をいまさら」という感が否めない。10年間いったい何をしてきたのだろうか。今頃医者の言葉がわかりにくいと言われても、むしろ驚きである。なぜいままで、その問題を放置してきたのであろうか。そっちが問題なくらいである。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページ米山公啓のニュースの読み方 > 米山公啓のニュースの読み方 新着一覧

米山公啓のニュースの読み方 新着一覧

  • 分業化が必要な時期に来ている日本の医療(2009年7月30日)
    医師・作家 米山公啓

     財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は医師不足の解消に向けた改革案を提言する。医師になる際に選ぶ診療科(内科や外科など)の規制や、看護師の医療行為を広げることなどが柱。医療機関向けの診療報酬が年末に改定されるのを前に、医療サービスを効率的に提供する体制づくりを優先させ、引き上げ論をけん制する狙いもある。(続きを読む

  • 末端の開業医には、パンデミック情報は、何も届いていない。(2009年7月13日)
    医師・作家 米山公啓

     新型インフルエンザの発生国に渡航していないなど感染の疑いがないのに発熱患者の診察を拒否する医療機関が相次いでいる問題で、厚生労働省は7日までに、都道府県を通じて医療機関に対し、適切に診察することを求める通知を出した。 発熱などの症状を示した人への診察拒否については、東京都が6日正午までに都内で173件あったことを確認。舛添要一厚生労働相は6日に開かれたインフルエンザに関する対策会議で「医師法違反だ。医者の社会的義務として対応してほしい」と求めた。 同省の通知では、発熱患者が保健所などの発熱相談センターの指示に従って一般の医療機関を受診した場合、患者にマスクをするなど感染予防を指導したうえで、診察を(続きを読む

  • 県境を超えた医療福祉の連携。まずは実践的な病院情報の発信を(2009年5月25日)
    医師・作家 米山公啓

     首都圏1都3県の知事と政令市長でつくる8都県市首脳会議が23日、東京都内で開かれ、医療福祉分野での連携強化で合意した。救急医療機関の情報システムや搬送システムの相互乗り入れで県境を越えた患者の搬送の円滑化などを検討する。救急医療や周産期医療から着手し、将来はコンソーシアム(連合体)の形成も視野に入れるとしている。 会議では、埼玉県の上田清司知事が「医療政策は都道府県単位だが、首都圏では患者の出入りが頻繁で、県境では他県の病院の方が近いというケースもある」と指摘。患者のたらい回しなどが問題となっている救急医療や周産期医療などから連携を強めるべきだと提案した。(中略) 東京都の石原慎太郎知事は「県境(続きを読む

  • 日本医療事務センター、医師の事務補助者を派遣。まず養成講座開設(2009年5月14日)
    医師・作家 米山公啓
  • 強制的派遣で研修医を地方へ誘導しても、研修医の過重労働は変わらない(2009年4月7日)
    医師・作家 米山公啓
  • 国立国語研が「イレウス」「QOL」など57語について提案(2009年3月27日)
    医師・作家 米山公啓
  • 日本医師会が「第3回 喫煙意識調査」の結果を発表。(2009年3月7日)
    医師・作家 米山公啓

この記事を読んでいる人におすすめ