日経メディカルのロゴ画像

各科診療域のスペシャリスト・インタビュー
過酷な研修医時代と基礎研究への没頭が“いま”の自分をつくった
第4回 京都大学医学部 泌尿器科学教室教授 小川 修 氏

2009/12/22
京都大学医学部 泌尿器科学教室教授 小川修 氏

――医師を志したきっかけはどのようなことだったのでしょうか。

小川 両親とも小中学校の教師だった影響で、たぶん自分は学校の先生になるんだろうなと思っていたんですが、高校に入って少し考えが変わりました。大学では何か手に職を付けた方がいいだろうと考えるようになって、それには医学部が一番だと思いました。残念ながら「人を助けたい」とか「病気を治したい」とか、そんな高邁な志はありませんでした。でも、こころのどこかに医師という職業にたいする憧れはあったと思いますよ。  僕は島根県浜田市生まれで、高校は広島の私立修道高校。「修の道」が「僕の道」というわけです(笑い)。大学は、京大か阪大を進学指導の先生に勧められたのですが、京大の方が先輩が多かったし、修道出身の教授が何人かいたのも決め手かな。


――泌尿器科に入った理由は?

小川 何故か内科とか外科のような大きな診療科には行きたくなかったんです。でも、外科系のことはやりたい。その中では、耳鼻咽喉科も眼科もあまり興味はなく、残るは泌尿器科と呼吸器外科と産婦人科。そこから最終的に泌尿器科に絞ったのは、ラグビー部の顧問の吉田修先生が教授でいらしたからです。吉田先生は、非常に有名な泌尿器科医でありかつ医学教育者ですが、ラグビー部の指導にも熱心でした。そのせいか、ラグビー部の先輩には泌尿器科に進まれた方も多いんです。

僕は、高校までは陸上競技をやっていたのですが、これは個人競技。大学では団体競技もやってみようと思って、ラグビー部の練習を見に行ったら勧誘されました。先輩は、みんないい人ばかりだったし、すごく楽しかった。しかし、2年生の時の練習試合で先輩が首の骨を折って亡くなるという事故が起きてしまったんです。亡くなった先輩とはすごく仲が良かっただけあって本当にショックでした。それ以来、僕は一線を退きましたが、今は縁あって京大医学部のラグビー部顧問をしています。やっぱり、ラグビーは好きですし、離れられないものがあります。


――ラグビー以外で、医学生時代6年間の思い出は。

小川 高校の3年間は、寮に入っていて、ある意味、勉強ばっかりしてましたから、大学に入って自由な時間がたっぷりあったのが、僕にとってはものすごく良かったと思います。パチンコやったりマージャンやったり、実によく遊びました。だから、かなり単位も落としたけど、要領がよかったのか、留年はしないで済みました。本当に勉強したといえるのは、最後の国家試験のときぐらいかな。今の医学部生には、少しゆとりが無くなっている気もします。受験勉強が終わっても、過酷な医学部の講義が待っているでしょ。遊んでも、最後はなんとかクリアするというようなバランス感覚は、医師にとって大切だと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 過酷な研修医時代と基礎研究への没頭が“いま”の自分をつくった(2009年12月22日)
    京都大学医学部 泌尿器科学教室教授 小川修 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。第4回は、ラグビー部入部が泌尿器医の道へつながり、過酷な研修医時代と基礎研究に没頭したことが“いま”の自分をつくったと語る京都大学医学部泌尿器科学教室教授 小川 修 氏。(続きを読む

  • 未来の教科書に載る外科医療を!国内初の「高度医療」認定を受けた北の“鉄人”(2009年11月24日)
    岩手医科大学外科学教室 若林剛教授

    新臨床研修制度の導入以来、研修医の不足に悩む病院が多い中、ここ3年ほどで、外科学教室への入室者を倍増させた大学病院がある。岩手医科大学病院(以下、岩手医大)だ。同大学では、2005年9月に、慶應義塾大学(以下、慶応大)から若林剛氏を教授として迎えた。翌06年7月には外科系講座を再編し、肝・胆・膵・移植、食道・胃、大腸、乳腺・甲状腺から小児外科、内視鏡外科、一般外科までカバーする、国内でも最大級の規模の外科学教室を作った。そのトップとして教室を牽引する若林教授は、慶応時代から手がけてきた生体肝移植を岩手県で初めて実施するなど、数多くの先端的な医療を積極的に導入した。一方、旧来の医局制度の改革にも取り組み(続きを読む

  • 核医学は、疾患を画像として捉える。PET検査の黎明期から、その有用性を啓蒙(2009年11月10日)
    厚地記念クリニック院長 陣之内正史 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。(続きを読む

  • 診断をリードする、ドクターズ・ドクター“放射線科”。その3本柱の1つ、核医学の魅力を語る(2009年9月29日)
    獨協医科大学病院PETセンターのセンター長 村上康二教授

この記事を読んでいる人におすすめ