日経メディカルのロゴ画像

各科診療域のスペシャリスト・インタビュー
未来の教科書に載る外科医療を!国内初の「高度医療」認定を受けた北の“鉄人”
第3回 岩手医科大学外科学教室 若林 剛教授

2009/11/24
岩手医科大学外科学教室 若林剛教授

――教室員を増やす努力については?

若林 一番基本にあるのは「魅力ある教室作り」です。その一環が、先に触れた先端的な医療への取り組みです。そもそも大学病院の役割とは何でしょうか? 僕は慶応にいた頃は、手術ばっかりやっていたので、その辺はあまり突き詰めて考えていなかったんですが、岩手医大の教授になって、あらためて自問自答したんですね。大学病院って、本質的に何をやるべきところだろうか?

そこで最終的に出た結論は「新しい医療技術を開発すること」でした。大学病院が、一般の市中病院のように保険医療ばかりやっていても意味がない。やっぱり、未来の教科書に載るような、最先端の医療を手がけていかないとダメなんですよ。

それから、具体的な入局対策としては、学生、研修医に、こちらから積極的に働きかけて、コミュニケーションをとることも大事です。僕らが若い時代の医局というと、黙ってついて来いという雰囲気だった。僕もその雰囲気の中で育っているから、ついついコミュニケーション不足になり勝ちなんだけれども、それではいまの若い子はついてこないですね。

これは、僕が今年の春、外科学会に出た時に、若い医師から教えてもらったんだけれども、いまの若い子は、自分たちをY世代というらしい。日本では、いわゆる団塊ジュニアをジェネレーションXと呼びますが、それに続く世代をY世代と呼ぶそうです。このY世代は、物心ついた頃からテレビゲームがあって、コンピューターをいじっているせいか、人とのコミュニケーションに一種の不安を持っている。自分の社会的な役割とか、対人関係とかにも結構悩んでいる。だから彼ら若い子たちは「上司の人には、懇切に、いろんな話をして欲しい。たまには、自分たちが何に悩んでいるのか、聞いて欲しい」というわけですよ。

――ジェネレーションXというのは、上司が飲みに誘っても、自分の時間が大切だからと、断った世代ですよね。Y世代は、逆に誘ってもらいたくなっている?

若林 どうも、そうらしい(笑い)。僕は、若い子の入局活動に一番影響を与えるのは、5年生から始まるベッドサイドラーニングだと思っています。5年生の学生が来た時に、僕ら教室員が、いかに学生と一緒の目線になって、話しかけたり、問いかけたりできるかが大事だと思う。僕は、教授になってからずっと心がけているのは、彼ら5年生と一緒に、夕食を食べに行くことです。何とか時間を作って、学生と飯を食いながら、自分が何を考えて外科医になったか、いま何を感じているかを、話すんです。

余談ですが、僕の医師としての原点は、南米なんですよ。学生時代に南米を旅して、無医村のような町をたくさん見て、医療への社会経済的な影響を肌で実感しました。それから、米国、ドイツへの留学も意義のある体験でした。その留学先で、チーム医療とか、患者中心の医療というものが本来どういうものなのかを体験できた。それも僕の外科医としての原点になっている。そんなことを話すんですよ。

すると学生は、「先生は、給料はいくらもらっているんですか?」なんて聞いてくる。そういう時、僕ははっきり金額を言っちゃう。大学からはこれだけ、外からこれだけで、トータルでこれだけもらっているとね。学生は「そんなにもらっているんですか!?」と驚きますよ。というのも、大学の勤務医は給料が少ないというのが、いまや一般的な認識になってきている。

だからこそ、僕は、「意外かも知れないけれども、こんなにもらっているよ」と、あえて言うんです。僕の場合は、コンサルタントや講演活動とかいろいろやっているから、少し特殊かも知れませんけどね。そんな話を率直にしていると、夕食の席で一番熱心に聞いていた学生が、やがて教室に入って来てくれたりもする。だから、コミュニケーションって、ものすごく大事だと思いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 過酷な研修医時代と基礎研究への没頭が“いま”の自分をつくった(2009年12月22日)
    京都大学医学部 泌尿器科学教室教授 小川修 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。第4回は、ラグビー部入部が泌尿器医の道へつながり、過酷な研修医時代と基礎研究に没頭したことが“いま”の自分をつくったと語る京都大学医学部泌尿器科学教室教授 小川 修 氏。(続きを読む

  • 未来の教科書に載る外科医療を!国内初の「高度医療」認定を受けた北の“鉄人”(2009年11月24日)
    岩手医科大学外科学教室 若林剛教授

    新臨床研修制度の導入以来、研修医の不足に悩む病院が多い中、ここ3年ほどで、外科学教室への入室者を倍増させた大学病院がある。岩手医科大学病院(以下、岩手医大)だ。同大学では、2005年9月に、慶應義塾大学(以下、慶応大)から若林剛氏を教授として迎えた。翌06年7月には外科系講座を再編し、肝・胆・膵・移植、食道・胃、大腸、乳腺・甲状腺から小児外科、内視鏡外科、一般外科までカバーする、国内でも最大級の規模の外科学教室を作った。そのトップとして教室を牽引する若林教授は、慶応時代から手がけてきた生体肝移植を岩手県で初めて実施するなど、数多くの先端的な医療を積極的に導入した。一方、旧来の医局制度の改革にも取り組み(続きを読む

  • 核医学は、疾患を画像として捉える。PET検査の黎明期から、その有用性を啓蒙(2009年11月10日)
    厚地記念クリニック院長 陣之内正史 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。(続きを読む

  • 診断をリードする、ドクターズ・ドクター“放射線科”。その3本柱の1つ、核医学の魅力を語る(2009年9月29日)
    獨協医科大学病院PETセンターのセンター長 村上康二教授

この記事を読んでいる人におすすめ