日経メディカルのロゴ画像

各科診療域のスペシャリスト・インタビュー
未来の教科書に載る外科医療を!国内初の「高度医療」認定を受けた北の“鉄人”
第3回 岩手医科大学外科学教室 若林 剛教授

2009/11/24
岩手医科大学外科学教室 若林剛教授

――そういう先端的な医療に夢を感じる医学生、研修医が全国から集まって来る大学になれば、理想的ですね。

若林 すでに少しずつですが、その徴候が出てきています。僕が岩手医大に来る以前は、年間に80人卒業しても、大学院に残るのは4人程度だったんです。4人プラス学外から1人で、5人くらいが教室に入ってきた。これでも、新臨床研修制度が導入された後の大学病院としては、かなりいいほうなんですけどね。その5人が、2008年には7人になり、今年2009年には10人になりました。岩手医大の卒業生以外にも、北大、東北大、福島県立医大などからも、教室に入って来ます。新臨床研修制度が始まって6年目になって、大学に若い人が戻ってきつつあるのです。

――先生は、旧来の医局のあり方には否定的で、オープンな教室運営のために努力されていると聞いていますが。

若林 僕はだいたい医局という言葉自体が好きではないので、現在の岩手医大では、医局と言わずに、教室という言葉を使うようにしています。以前の医局には、ネガティブな側面が大きかった。

例えば、地域の病院から医局に、毎年、盆暮れのお礼を持ってくるという慣例があったようです。現場の公立病院は慢性的に医師が足りない。どうしても医師が欲しいから、お礼を医局に持ってきて、今年もよろしくお願いしますとやっていた。だって、現場に医師がいないと、医療費が請求できませんからね。困り果てた現場では、医師がいないのに、名義だけを借りるようなことまでやっていたんですね。

また、医局のネガティブな側面の最たるものが、透明性のない組織運営でした。組織の長の実力が問われない一番簡単な方法は、情報を自分のところで囲い込んで、外に出さないことです。情報が流れないから、下の連中は戦々恐々として、恐怖政治になる。結局、教授にものすごい権力が集中する。その結果、若い人を労働力としてしか見ず、ろくな報酬も支払わない。おいしいところは全部、上が取ってしまうというのが、大学の医局制度だった。

だから僕は、何より自分の教室の透明性を上げたかったんです。そのために、最初に、こういう方向で行くんだという、わかりやすいビジョンを示しました。次に、多くの仕事をスタッフに任せていく。やりたいことを、どうぞやってください、僕はそのサポートをしますよ、と。そういうオープンな教室運営の中から、ファミリーの和を育てていく。同じ医療チームなんだという一体感を醸成するのです。さらに、生産性を上げるシステム作りが、ファミリーの要になる。具体的には、患者さんを増やそう、学会発表を増やそう、論文を増やそう、教室員を増やそうということです。で、常に情報を共有し、透明度を上げる努力をする。こういう基本方針を、僕は教授になった当初から掲げています。

――学会発表、論文数は増えていますか?

若林 ずいぶん増えましたよ。2005年には学会発表が123、論文発表が54でしたが、2008年には学会発表が355、論文発表が66になっています。まあ論文はそれほど増えていませんが、学会発表がものすごく増えている。これには理由があって、若い先生たちの学会活動費用を、教室が全部、出すようにしたのです。年に何回分かを出すところはあるけれども、制限をせずに、何回でも出すのは、岩手医大外科くらいではないでしょうか。

なぜそんなことができるかというと、研究費の獲得努力をしているから。学会活動費は主に研究助成金から支払われますが、2007年の競争的研究費は830万円でした。さらに、2008年には、それが4000万円を超える位になりました。これを、臨床的activityに応じて、教室内のグループに配分し、その範囲内なら、いくらでも使えるようにしてあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 過酷な研修医時代と基礎研究への没頭が“いま”の自分をつくった(2009年12月22日)
    京都大学医学部 泌尿器科学教室教授 小川修 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。第4回は、ラグビー部入部が泌尿器医の道へつながり、過酷な研修医時代と基礎研究に没頭したことが“いま”の自分をつくったと語る京都大学医学部泌尿器科学教室教授 小川 修 氏。(続きを読む

  • 未来の教科書に載る外科医療を!国内初の「高度医療」認定を受けた北の“鉄人”(2009年11月24日)
    岩手医科大学外科学教室 若林剛教授

    新臨床研修制度の導入以来、研修医の不足に悩む病院が多い中、ここ3年ほどで、外科学教室への入室者を倍増させた大学病院がある。岩手医科大学病院(以下、岩手医大)だ。同大学では、2005年9月に、慶應義塾大学(以下、慶応大)から若林剛氏を教授として迎えた。翌06年7月には外科系講座を再編し、肝・胆・膵・移植、食道・胃、大腸、乳腺・甲状腺から小児外科、内視鏡外科、一般外科までカバーする、国内でも最大級の規模の外科学教室を作った。そのトップとして教室を牽引する若林教授は、慶応時代から手がけてきた生体肝移植を岩手県で初めて実施するなど、数多くの先端的な医療を積極的に導入した。一方、旧来の医局制度の改革にも取り組み(続きを読む

  • 核医学は、疾患を画像として捉える。PET検査の黎明期から、その有用性を啓蒙(2009年11月10日)
    厚地記念クリニック院長 陣之内正史 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。(続きを読む

  • 診断をリードする、ドクターズ・ドクター“放射線科”。その3本柱の1つ、核医学の魅力を語る(2009年9月29日)
    獨協医科大学病院PETセンターのセンター長 村上康二教授

この記事を読んでいる人におすすめ