日経メディカルのロゴ画像

各科診療域のスペシャリスト・インタビュー
未来の教科書に載る外科医療を!国内初の「高度医療」認定を受けた北の“鉄人”
第3回 岩手医科大学外科学教室 若林 剛教授

2009/11/24
岩手医科大学外科学教室 若林剛教授

――慶応病院に残るという選択肢は?

若林 もちろん、慶応の教授という可能性もありました。2年後の教授選の日程も決まっていましたしね。ただ、僕のボスの北島政樹先生は、上部消化管が専門なんです。僕は肝臓が専門だから、素直にいけば、北島政樹先生のご意向で上部消化管が専門の医師が先生の跡を継ぐだろうなと推測がつく。となると、慶応大医学部スキー部の僕の後輩で、2007年に実際に教授になった北川雄光が最有力候補になる。なぜなら、彼は慶応医学部の金時計(卒業時1番の成績)ですから、非常に優秀で業績ではかなわないと。僕は、かわいいスキー部の後輩が教授になって年上の先輩として慶大外科に残るわけにはいかないという気持ちが強かったんです。ですから、慶応の教授選の2年前に、岩手医大の教授選があるのを知って、じゃあ盛岡に出てみようと思ったんですね。

――教授になるというのは、大学病院の医師のキャリアの中で、非常に重要な意味を持っているわけですね。

若林 大学にいる医師が、一生、きちんとした形で大学に残りたければ、教授になるしかないんです。どこかの段階で、例えば45歳前後の人が教室の教授になったとする。その時は、45歳以上の准教授らは、外の病院に出るというのが暗黙のルールと思います。ましてや教授候補最有力者より4年年上の同じスキー部出身の僕が、母校の外科教室を良くしたい、活性化したいと思えば、率先して外に出るという選択も理解していただけるはずです。その場合、普通の市中病院で、外科医をやっていてもいいんだけれども、僕は何より肝移植をやりたかったんです。肝移植ができるところとなると、日本の現状では、大学病院しかない。じゃあ大学にいるしかない。大学にいるには、教授になるしかない。教授になるチャンスがあるのなら、日本中、どこの大学に行ってもいいじゃないかという発想になっていく。これは先に話した米国もそうでしたが、短期留学したドイツでも同じでした。キャリアアップのために、どんどん職場を動くことに、何の抵抗もない。そういう感覚を、僕は米国とドイツで学んでいますからね。

複数の先進医療、高度医療が認定され
北日本初の肥満手術もスタート


――それでは、大学病院の中でも、岩手医大を選んだのは?

若林 先ほどお話しした混成チームという環境もありましたが、私立大学だったことも大きいですね。自分の選択基準として、国立にはあまり行きたくなかったんです。国立は、手かせ、足かせがすごいですから、自分でやりたいことができるとは思えなかった。例えば、岩手医大の外科学教室の有給職の人数は、僕が来た時は18人でした。それが今年春には31人になりました。これはなぜかというと、外科の入院、外来を通じての稼働額が、約6億円、増えたからです。こういうダイナミックな運営ができるのが、私立の良いところですね。国立大学だったら、定数が決まっていますから、たぶんこれだけのスタッフを増やすのは難しかったでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 過酷な研修医時代と基礎研究への没頭が“いま”の自分をつくった(2009年12月22日)
    京都大学医学部 泌尿器科学教室教授 小川修 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。第4回は、ラグビー部入部が泌尿器医の道へつながり、過酷な研修医時代と基礎研究に没頭したことが“いま”の自分をつくったと語る京都大学医学部泌尿器科学教室教授 小川 修 氏。(続きを読む

  • 未来の教科書に載る外科医療を!国内初の「高度医療」認定を受けた北の“鉄人”(2009年11月24日)
    岩手医科大学外科学教室 若林剛教授

    新臨床研修制度の導入以来、研修医の不足に悩む病院が多い中、ここ3年ほどで、外科学教室への入室者を倍増させた大学病院がある。岩手医科大学病院(以下、岩手医大)だ。同大学では、2005年9月に、慶應義塾大学(以下、慶応大)から若林剛氏を教授として迎えた。翌06年7月には外科系講座を再編し、肝・胆・膵・移植、食道・胃、大腸、乳腺・甲状腺から小児外科、内視鏡外科、一般外科までカバーする、国内でも最大級の規模の外科学教室を作った。そのトップとして教室を牽引する若林教授は、慶応時代から手がけてきた生体肝移植を岩手県で初めて実施するなど、数多くの先端的な医療を積極的に導入した。一方、旧来の医局制度の改革にも取り組み(続きを読む

  • 核医学は、疾患を画像として捉える。PET検査の黎明期から、その有用性を啓蒙(2009年11月10日)
    厚地記念クリニック院長 陣之内正史 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。(続きを読む

  • 診断をリードする、ドクターズ・ドクター“放射線科”。その3本柱の1つ、核医学の魅力を語る(2009年9月29日)
    獨協医科大学病院PETセンターのセンター長 村上康二教授

この記事を読んでいる人におすすめ