日経メディカルのロゴ画像

各科診療域のスペシャリスト・インタビュー
診断をリードする、ドクターズ・ドクター“放射線科”。その3本柱の1つ、核医学の魅力を語る
第1回 獨協医科大学教授・PETセンター長 村上康二 氏

2009/09/29
獨協医科大学病院PETセンターのセンター長 村上康二教授

獨協医科大学病院PETセンターのセンター長 村上康二教授

第1回は、獨協医科大学病院PETセンターのセンター長、村上康二教授。寄らば大樹の陰を嫌って選んだマイナーな放射線科は、今やドクターズドクターといわれる重要な職位に。機械好きな野球小僧が選んだ道は、テクノロジーの進歩が著しい世界で、飽きない代わりに、常に勉強し、感性を磨き続けることが求められる。そんな臨床研究の魅力と画像診断の醍醐味とは?

(聞き手:日経BPクロスメディア本部 プロデューサー 阪田英也 構成:原田英子)

―現在の仕事内容は。

村上:放射線科の3本柱は、「診断」「治療」「核医学」です。この中で、私がやっているのは核医学です。最近はPETとCTが一つの機械(モダリティ)に組み込まれ、より精密で正確な診断が可能になってきました。

毎週火曜日の午前中は外来で、「自由診療でPETを受けたいが、どういう検査なのか?」 「自分(患者さん)には、必要かどうか?」「他の病院でこう言われたが、もうちょっと詳しく知りたい」など、セカンドオピニオン的な役割を果たしています。主治医の先生は、私たちが書いたレポートを読み上げるだけなので、患者さんが詳しい説明を聞きたくてもできません。PET外来を始めた理由は、そういう不満に応えるためでした。

1日のPET-CT検査数は約20件。ここでは造影CTをやるので、1件あたり20分から30分かけて、かなり細かいところまで読影します。但し、私1人だけでやっているわけではなくて、若い先生に下書きをしてもらってチェックする部分もあるので、PETセンター開設当初に比べれば、仕事量はずいぶん軽減されました。

月曜日の午前中はベッドサイドで、グループで回ってくる5年生にPETの機械を見せたり、どういうふうに読影するかを解説したり、実際に端末の前に座らせて操作させたり。全く興味なさそうに反対側を向いてるのもいれば、熱心に質問してくる学生もいてさまざまですが、総じて自分たちの学生の頃に比べればはるかに真面目です。

―先生が医師を志したきっかけは、どのようなことだったのでしょう。

村上:当初は父が工学部の教授をしていた影響か、どちらかというと機械に興味があって工学部志望でした。ちょうどAppleやNECのPCが出始めた時期であり、これからはコンピュータが花形になるだろうと。その一方で、母方の祖父が入退院を繰り返していたこともあって、お見舞いに行き、医療とかかわる機会も増えていました。

画像診断の黎明期といいますか、CTも出てきていて、そういうものを目にしたおかげで、コンピュータを利用した医学もおもしろそうだなと思いました。現役のときは東大狙いでしたので、偏差値の関係から理Ⅲは諦め、他の医学部も受けなかったのですが、一浪後は、国立は千葉大の医学部に絞って私立の医学部は受けず、他は私立の工学部理学部を受けています。千葉大の医学部を落ちていたら、医師の道は歩んでいませんでした。

―どうしても、医師になりたいという憧れのようなものはあったのでしょうか。

村上:医療というより医学のほうに興味があったのです。医療は、患者さんを治すのが第一目標ですから、医学的な探究心以外に、患者さんの考え方やお金のこと、コミュニケーション能力など、いろいろなことが絡んできます。どちらかというと、私は研究が好きだし、おもしろいという点では医学志向だったのですが、さりとてネズミ相手に動物実験というのはあまり興味がなかった。

でも、1992年に教授から「国立がんセンター東病院と放射線医学総合研究所から派遣の依頼がきてるけど、どっちを選ぶ? ずっと研究をやるなら、時間のある放医研の方が絶対にいいし、臨床をやるならすごく忙しいけど東病院がおもしろい」と言われたとき、迷わず東病院を選びました。

少しでも臨床をやると臨床の面白さがわかってきますし、やはり臨床に直結した研究のほうが自分の性に合ってるかなと思うようになっていました。基礎医学は別にして、臨床研究のアイデアというのは、日常の医療をやっている中から生まれてきます。

「どうしてこんなことが起きたんだろう?」「ここを改善したい」という問題意識を持ち続けるのが臨床研究のヒントになる。ですから、いい医者はいい臨床研究医にもなれるわけです。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 過酷な研修医時代と基礎研究への没頭が“いま”の自分をつくった(2009年12月22日)
    京都大学医学部 泌尿器科学教室教授 小川修 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。第4回は、ラグビー部入部が泌尿器医の道へつながり、過酷な研修医時代と基礎研究に没頭したことが“いま”の自分をつくったと語る京都大学医学部泌尿器科学教室教授 小川 修 氏。(続きを読む

  • 未来の教科書に載る外科医療を!国内初の「高度医療」認定を受けた北の“鉄人”(2009年11月24日)
    岩手医科大学外科学教室 若林剛教授

    新臨床研修制度の導入以来、研修医の不足に悩む病院が多い中、ここ3年ほどで、外科学教室への入室者を倍増させた大学病院がある。岩手医科大学病院(以下、岩手医大)だ。同大学では、2005年9月に、慶應義塾大学(以下、慶応大)から若林剛氏を教授として迎えた。翌06年7月には外科系講座を再編し、肝・胆・膵・移植、食道・胃、大腸、乳腺・甲状腺から小児外科、内視鏡外科、一般外科までカバーする、国内でも最大級の規模の外科学教室を作った。そのトップとして教室を牽引する若林教授は、慶応時代から手がけてきた生体肝移植を岩手県で初めて実施するなど、数多くの先端的な医療を積極的に導入した。一方、旧来の医局制度の改革にも取り組み(続きを読む

  • 核医学は、疾患を画像として捉える。PET検査の黎明期から、その有用性を啓蒙(2009年11月10日)
    厚地記念クリニック院長 陣之内正史 氏

    「10年後の自分が見えない」という不安をかかえる医師の卵たちに、各科診療域の先輩であり、スペシャリストとしての評価の高いドクターに、仕事の魅力と医師のあるべき姿を語ってもらい、明日の医師にエールを送る。(続きを読む

  • 診断をリードする、ドクターズ・ドクター“放射線科”。その3本柱の1つ、核医学の魅力を語る(2009年9月29日)
    獨協医科大学病院PETセンターのセンター長 村上康二教授

この記事を読んでいる人におすすめ