日経メディカルのロゴ画像

21世紀医療フォーラム「医師の育成、大学附属病院のあり方」研究部会 統合後第2回会合が開催
リアルイベントの重視とアクションプランへの移行を確認。病院財務の検証への道筋も示す

2010/02/15
文:21世紀医療フォーラム取材班 桶谷仁志 文責:日経BPnet編集 プロデューサー 阪田英也


東邦大学医療センター佐倉病院院長 白井厚治 氏

こうした現場の実践に関連して、白井厚治氏(東邦大学医療センター佐倉病院院長)は、徹底した「思いやり」を追求できる医師を育てるべきだという持論を展開した。東京女子医大で教鞭もとる渡辺俊介氏も、「現在の医師には医学的な知識、技術ばかりではなく、コミュニケーション能力、社会的な知識等が要請されている。総合医的な医師をつくる教育が必要」とした。

一方、三谷宏幸氏(ノバルティスファーマ社長)は、医大の選抜方法と、現場医師の能力評価システムの問題を指摘した。「医大の入試では偏差値だけで判断するような選抜プロセスは一部、見直すべきではないか」「研究ばかりではなく、教育の面でも医師が高く評価される仕組みを作らないと、教育へのモチベーションは上がらないのではないか」という意見だった。

ノバルティスファーマ社長 三谷宏幸 氏

引き続き、事務局からは「シニアレジデントを対象とするEBCPコンペティション」開催の提案があり、「研修医としての目標設定、モチベーション・アップ」が目的とされた。ただ、診断技術に優劣を付けるコンペティション形式は、知識偏重、技術偏重に警鐘を鳴らす21世紀医療フォーラムのコンセプトには馴染まないという意見が多かったため、開催はひとまず見送られることになった。

大学病院の財務の検証には多方面からの意見が。
「医療と経営」国際シンポジウム開催にも期待


「大学附属病院のあり方」のパートで、大きなテーマになったのは、大学病院の財務をいかに検証するかだった。まず池畠宏之(21世紀医療フォーラム取材班チーフ)から、大阪大学の過去3期分の財務の数値が提示され、そもそも国立大学付属病院は、独立行政法人であるとはいっても、政府からの「運営交付金」がなければ、経営はまったく立ちゆかないという実態が明らかにされた。

門田守人氏(大阪大学副学長)は、このレポートを補足し、「国立大学附属病院の財務は、非常に複雑怪奇で、あえて一般の人にはわかりにくい形にしてあるのではないか」と辛辣な意見を述べた。「まず病院の財務に、医師、看護師の人件費が計上されていないのがそもそもおかしい。大阪大学附属病院の場合、ここ数年、数値上は人件費が下がっているように見えるが、これは常勤の職員を特殊な形の勤務形式に変更したからに過ぎない。国立大学附属病院は、相当な国費を使って、赤字ではないような顔をしているだけだ」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ