日経メディカルのロゴ画像

独自に養成した12名のスペシャル医療クラークが活躍する京都医療センター

2009/12/08
21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 田野井真緒

医療クラークは陰として医師を輝かせる存在


医療クラークは決して自己主張しない。医師や看護師が光なら医療クラークは陰の存在である。だが、陰がなければ光は決して輝かない。医療クラークは陰のような存在だが、ただ医師に従うだけではない。医師が一層の輝きを増してその専門性を発揮してよりよい医療を提供するために彼女たちも輝き続けなければならない。

藤井院長は言う。「医療現場がハッピーになるための医療クラークです。医療現場には医療クラークを必要とする場所がたくさんあります」。実際にスペシャル医療クラークを配属させて、彼女たちが病院業務に欠かせない存在であることが医師にも理解されはじめている。

「医療クラークは私の診療科に欠かせない。やめてもらっては困る」。すでに医師の間からそんな声も聞かれるようになったという。

50名のスペシャル医療クラークを採用するために同院長は公的支援を求めなかった。院内改革で財源を確保したが、50名という枠を超えて必要とするすべての場所にスペシャル医療クラークを配置するためには公的支援が不可欠だ。医療における人的資源を枯渇させないためにも財源の適正配分を期待したい。

医療現場で働く人がハッピーでなければ、良い医療ができないのは自明のこと。疲弊した医療現場で良い医療をしろというのは、医師に「燃え尽きろ」というに等しい。地方都市に行けば、県庁所在地の基幹病院でさえ医師不足で病床を部分閉鎖せざるをえないところがある。良い医療を行えるような医療環境をつくらなければいつまでも医師不足は続くだろう。藤井院長が言う「ハッピーな医療現場」とは良い医療を行いたいと願う医師が十分に力を発揮できる場所、ということだ。12名のスペシャル医療クラークは、医療現場をハッピーにすることに働き甲斐を見出した人達といえるだろう。

今年、藤井院長は厚労省の勉強会に出向き、スペシャル医療クラーク育成の実際とその有用性についてレクチャーしてきた。また、2010年3月に開かれる日本循環器病学術集会(北徹会長)の会長特別企画「メディカル・コメディカルジョイントシンポジウム」でも、京都医療センターでの試みを報告する予定だ。同センターの医療クラークは各方面で注目されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ