日経メディカルのロゴ画像

医療再生は人づくりから~「効果的、効率的、魅力的」な医学教育のあり方を探る

2009/07/20
21世紀医療フォーラム取材班シニアライター 田野井真緒

臨床実習開始前の共用試験として、客観的臨床能力試験(OSCE:Objective Structured Clinical Examination)が導入されるなど、臨床技能教育の重要性が指摘されている。21世紀医療フォーラム「医師の育成」研究部会でも、国民が必要とする医師育成について、医療界、官界、財界の著名人による活発な意見交換が行なわれ、今年中には具体的な指針がまとめられる予定だが、臨床の最前線に立つ医師の側からも「医療現場の人材養成」にフォーカスを絞った取り組みが行なわれている。
その1つが、日本医療教授システム学会であり、同学会では「効果的、効率的、魅力的」な教育を通じて、医療現場で求められる人材を養成しようとしている。そこで、同学会の代表理事である独協医科大学越谷病院救命救急センター教授の池上敬一氏に、医学教育の問題点を解決する処方せんを聞いた。同氏は、「医学教育において効率的に現場で役立つ人材を育成するにはシミュレーション教育は最適の手段。シミュレーション医療教育・訓練は医学・看護教育と現場で求められる医療者のギャップを埋めることができる」と語る。

図1 人は誰でも間違える(日本評論社)

米国の医療界に衝撃を与えた『人は誰でも間違える』

 2000年になってから、米国の医療界に論争を巻き起こし、日本でも心ある医療人に衝撃を与えた2冊の本が出版された。1冊は医学ジャーナリスト協会訳で、日本では2000年に出版された『人は誰でも間違える~より安全な医療システムを目指して』。もう1冊は2002年に訳書が出た『医療の質~谷間を越えて21世紀システムへ』(共に日本評論社刊)だ。

 前著は、医学研究所の「医療の質委員会」が、米国内におけるエラー(医療過誤)に関する文献の検討から、“防ぐことができたはずの有害事象は、米国の主要死亡原因の1つになっており、医療過誤による死亡者数は交通事故死よりも、乳がんによる死亡率よりも多い”という衝撃な調査結果を初めて公表した。

表1 なぜシミュレーションなのか

医療ミスによる院内死亡を減らすには“人は誰でも間違える”という前提のもとにより安全な医療システムをつくる以外にはないと指摘している。一方、『医療の質』では、医療の質を担保する医療システム再構築に向けて重要な提言がなされている。

『医療の質』は『人は誰でも間違える』の続編ともいうべき本だが、前著で指摘されている重要な提言の1つが、「異なる専門職による医療チームのトレーニング・プログラムに、シミュレーションなどの手法を取り入れる必要がある」という一文。 本書の出版を契機に、米国では、実際に医療行為を行う前に、シミュレーション訓練を行うことが医療従事者の養成課程では不可欠とされるようになった。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ