日経メディカルのロゴ画像

医療の質と安全を担保するシミュレーション教育

2009/06/15
21世紀フォーラム取材班シニアライター 田野井真緒

透析室を模した部屋とシミュレーター

 同ラボで行なわれるさまざまなシミュレーション教育の中でも重要視されている訓練の1つがチーム医療である。たとえば、人工透析中に出現した心室頻拍という想定で行なわれるシミュレーション研修では、アラーム音によって異変に気づいたチームの1人が患者の状態を確認、応援を依頼し、かけつけたチームのメンバーがどう対処するか。その間、指導医は別室でコンピューターを操作して故意に心室細動を起こす。モニターに描出される心室細動波形をみたメンバーがどのような医療行為を行い、最終的に指導医を呼ぶまでが訓練される。

 当然のことだが、on the jobでこのようなトレーニングはできない。偶然に遭遇する機会も少ないであろう。しかし、誰もが遭遇する可能性を秘めた事例である。

 シミュレーション研修では、このような訓練を通じて実際に遭遇したときの対処法を体に覚え込ませることができる。

 シミュレーション・ラボで行えることは広範である。具体的には標準化された医療技術の教育、安全のための臨床技能(スキル)を学ぶ、病院のリスクマネジメント、教育指導者の研修、周辺地域の消防、住民との連携により1次救急の教育、シミュレーション教育技法の開発などである。最近では、臨床現場以外でAED(半自動除細動器)の設置が多くなってきており、地域住民を対象にBLS(一時的心肺蘇生)を訓練することも可能だ。

モニター画面は実際の臨床現場と同じ(このモニターは徐脈波形

 中西氏はシミュレーション・ラボの効用として次の4点をあげる。すなわち、①全ての医療従事者が使用できる、②医学教育が地域に開放される、③医療の質と安全が確保される、④患者教育への応用の4点である。

医療の安全を担保し、患者の信頼を取り戻すために

 シミュレーションセンターを運営し臨床現場で即戦力となるような人材を育てるような訓練を行うためには場所の確保、ディレクター及びスタッフの確保、予算の確保が必要である。

 中西氏によれば、場所については200平方メートル以上、設備投資には2000万円以上が必要。ソフトとしては、教育者とプログラムの充実、そして少なくとも1名のシミュレーションスべシャリストが必要だが、教育者の圧倒的不足がリアリティあるシミュレーション教育の普及を阻んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ