日経メディカルのロゴ画像

医療の質と安全を担保するシミュレーション教育

2009/06/15
21世紀フォーラム取材班シニアライター 田野井真緒

 卒前、卒後のシミュレーション教育が注目されている。なかでもコンピューターで制御され、臨床現場で遭遇する重篤な病態を表現できる高機能シミュレーターを使った技能訓練に対する関心が高い。日本におけるシミュレーション教育のフロント・ランナーの1人である虎の門病院医療安全アドバイザー/シミュレーション・ラボセンター長の中西成元氏は、「医療の安全を担保するためには、シミュレーター(模擬練習用具)を使ったoff the jobトレーニングは必須であり、医療者としての義務である」と語る。

なぜ、患者に接する前にシミュレーション教育が必要なのか

 平成20年12月、全国の研修指定病院から選抜された7チームがシミュレーション甲子園大会(日本医療教授システム学会主催)に参加するため、東京・新宿の国立国際医療センターに集まった。チームは後期研修医3名(救急系、内科系)で構成され、3つの異なるシナリオにもとづいてシミュレーションを実施し医療遂行能力を競った。

 本大会の大きな目的は、客観的な指標にもとづいて自チームの医療遂行能力を評価し、それを臨床にフィードバックすることだが、参加チームに共通した感想は「チーム医療の重要性を再認識したこと」だった。

シミュレーション甲子園に参加した研修医たち

 日本では、臨床機能を学習できる器械設備をもったシミュレーション・ラボを設置してルーチンにシミュレーション教育を実施している施設は10施設程度しかないが、それらの施設でシミュレーション教育を経験した研修医は「臨床現場に配属されたときに、慌てることなく対処できた」と声を揃える。

 こんな例もある。看護師を対象に行なわれたシミュレーション研修の数日後、経験浅い看護師がシミュレーションで研修したときと同じ心肺停止例に遭遇したが、あわてずに対処し無事、心肺蘇生に成功した。希有なケースだが、シミュレーション教育の重要性を物語る事例である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ