日経メディカルのロゴ画像

「うつ病」いかなる病気なのでしょうか?

2009/06/21
大西秀樹

自殺が多い
 うつ病になった患者さんは自殺の確率が格段に上昇します。現在の日本では年間3万人以上の方が自殺していますが、その中で最も多いのはうつ病だといわれています。うつ病は、苦しい病気であること、治療を受けないでいることが多いことなどが関連している可能性があります。

 周囲に辛さを漏らすこともあります。それを聞き逃さないことが大切です。

治療で症状は改善する
 今までみてきましたように、うつ病患者さんは想像を絶する苦しみに襲われていますが、周囲に理解されておらず、逆に「怠けている」、「しっかりしなさい!」などと言われ苦しんでいるのが実態としてお分かりいただけたかと思います。

 うつ病は脳の病気です。休養と薬物療法で多くの患者さんはこの苦しい状況から救われて再び活動ができるようになります。精神科・心療内科などうつ病治療を専門としている医療機関の門を叩くことが回復への第一歩です。

 うつ病とはいかなる病気かお分かりいただけたでしょうか。うつ病患者さんは周囲に理解されず、人知れず苦しんでいます。もしもうつ病かもしれないという人が周囲にいたら受診を勧めてください。回復への第一歩です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ