日経メディカルのロゴ画像

「腰痛になったとき、患者はなぜ整形外科ではなく、鍼灸などに頼るのか?」

2009/12/18
21世紀医療フォーラム取材班 ライター 狩生聖子

背景の一つに整形外科疾患特有の「痛み」の問題があるだろう。症状はあるが検査で痛みの原因が明らかにならないというケースが整形外科の病気には多い(逆にヘルニアがあっても自然に痛みが消えてしまうケースもある)。

画像で大きな問題がない場合、鎮痛剤をはじめとした通り一遍の治療がなされることになる(と、患者は思っている)。しかし、「いつになってもよくならない」と勝手に薬を止めてしまう患者も多い。聞けば主治医から「どのくらいでよくなるか」といった説明をあまり受けていないことがほとんどだ。

実際、痛みは主観であるし、どのくらいの期間で改善していくかは医師にも判断が難しいのが現状だろう。

しかし、これをわかった上で整形外科医にはやはり、
「痛みは○カ月くらいの期間でよくなる」
「今はつらいかもしれないけど、必ずよくなるから頑張って治療を続けてほしい」
といった言葉をかけてほしいと希望する。限られた時間の中で、患者さんの訴えを「うん、うん」と聞いてあげることは不可能だ。

しかし、痛みをきちんと治してあげれば、その実績は患者に評価され、整形外科は評判になる。そのためには、しっかり通院してもらう、つまり医師が患者からの信頼を得ることだ。

患者との信頼関係構築で、整形外科医のイメージは変わる


こんなケースがある。テニス肘の症状に悩んでいた友人は、同じ病気を経験した幼稚園のお母さん仲間から紹介された整形外科医を受診した。フライパンも握れないほどで、料理もままならない。主治医は手の解剖モデルで病気の状態をわかりやすく解説してくれた。

「痛み止めしか出されなくて、最初はちょっと不安だったけど、『必ずよくなるから』という言葉を信じました」。

ブロック注射も受けながら、2ヵ月くらいで完治したという。

患者と信頼関係が築くことができれば、整形外科のイメージも変わるだろう。さきほど“通り一遍の治療”と述べたが、実際には違う。最近は鎮痛剤にも副作用の少ない効果的な薬が登場している。また、リハビリに力を入れている施設では温熱療法など幅広い施術が可能だ。一方、動けないような痛みには麻酔薬を応用したブロック注射などもある。さらに、腰痛や膝痛には運動療法が非常に有効であることが明らかであり、再発防止のためにこれに力を入れている医師も多い。こうしたことがわかれば、患者の多くが必死でよい整形外科を探すに違いないのである。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ