日経メディカルのロゴ画像

「嫌がらずに診てもらえるの?」~新型インフルの大流行目前に~

2009/10/06
21世紀医療フォーラム取材班 ライター 狩生聖子

一般の医療機関で対応が可能になった新型インフルエンザ。でも、医療機関には患者を積極的に受け入れようという雰囲気がない。「子どもがかかったら、きちんと対応してもらえるの?」母親たちを中心に不安の声が上がっている。

発熱でも「新型患者は迷惑がられる……」と受診を躊躇する人


「嫌がられるんじゃないかと思ったけど、大丈夫だったよ」

新型インフルエンザの疑いで、小学生の子供を受診させた母親(友人)の言葉である。この原稿を書いている9月中旬現在、都内ではまだ本格的な流行はないとされるが、近くのある小学校では学級閉鎖の措置がとられている。かかった人の声からは、「季節性とほとんど同じ。タミフルですぐに熱が下がって元気だった」(40代女性・小学生の子供が感染)というものもあれば、
「39度以上の熱が続き、体中の関節が痛く、死ぬかと思った。もし子どもがかかったらただごとではないと感じた」(40代女性・本人が感染)というものまで。

だから母親同士が集まると、不安の声ばかりがとびかう。しかし、中でも一番の心配は意外かもしれないが、
「どんな風に病院を受診すればいいのか?」「小児科はきちんと対応してくれるのか?」といったものなのだ。

政府の方針で、新型インフルエンザが疑われる人の受診は発熱外来から一般の医療機関への受診で可能となった。しかし、このことは周知されているとはいえない。インフルエンザが発生した当初、「熱のある人は発熱外来へ」「診断キットもありませんので、受診はお断りします」など、強固な「門前払い」の張り紙がクリニックの入り口に掲示されていた。このときの印象がまだ強いせいもあるだろう。露骨に受診拒否をする病院も多かったため、多くの人が「新型かもしれない、といって受診したらあまり歓迎はされないのではないか」と思っているようだ。しかも、方針がか変わった現在でさえ、患者を受け入れるムードは感じられない。

「38度以上の熱がある人は新型インフルエンザの可能性があるので、受け付けにお申し出ください」
「咳やくしゃみのある方はマスクを着用してください」
と事務的な説明に切り替えられている程度で、安心のできる説明がなされていない。

受診者側としては、
「医師がきちんと対応しますので、症状がちょっとでもあれば心配せずにお申し出ください」
「新型インフルエンザは早期発見が大切ですから、早めの受診を」
といった文言を期待するのだが、ざっとホームページを見た限り、こうした案内はなかった。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ