日経メディカルのロゴ画像

便秘の患者に、安易に下剤を処方する医者

2009/08/05
21世紀医療フォーラム取材班 ライター 狩生聖子

「下剤から離脱したい」と決死の覚悟で消化器内科を受診。
しかし、処方されたのはやっぱり下剤

 長年、便秘に悩んでいる友人が、決死の覚悟で消化器内科を受診した。

 悩みが悩みだけに「恥ずかしい」とずっと受診をためらっていたのだが、最近、便秘が悪化し、1週間排便がないこともある。このため、下剤を使って出す機会が増えた。すると、今度は下剤なしで排便するのが難しい。

「このままでは自分で排便ができなくなってしまうのではないか」と不安になったのだという。

 受診したクリニックではまず、大腸内視鏡検査を受けるよう指示された。大腸がんなどの病気が便秘の原因になっていないかどうかを確認するためだ。友人もこれを受けて、結果は「異常なし」だった。

 それはよかったのだが、医師は、「悪い病気がなくてよかったですね」というばかりで、肝心の便秘治療については結局、「下剤」を処方されて終わりだったという。

「便秘を根本から治す方法を教えてもらえると思って行ったのに、ムダ足だったよ」とその友人はがっかりしていた。このようなケースはとても多いように感じる。

 便秘には大腸がんなどの病気が原因で起こる「器質性便秘」と、特に病気ではないと判断される「機能性便秘」があり、友人の場合は後者のケースだ。

 若い女性に多く、ダイエットで朝食を抜いたり、トイレを我慢したり、ストレスが続いたりというのが理由である。女性は月経周期とホルモンの関係から、もともと便秘になりやすいようだ(生理前には多くの女性が便秘で悩む)。

 ところが、こうした慢性便秘の治療は熱心に行われていないのが現状。主な原因が生活習慣であれば、患者には食事療法などの指導が必要になってくる。しかし、多くの女性は日常の忙しさから、生活習慣改善に時間をかけている時間と余裕がない。

 また、「そもそも便秘を病気ととらえていない医師が多い」(消化器内科の医師)ともいう。確かに便秘は命にかかわる病気ではない。しかし、問題は多くの女性が正しい便秘対策を理解していないことだ。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ