日経メディカルのロゴ画像

小児科と待ち時間の微妙な関係

2009/03/29
医療コラムニスト 21世紀医療フォーラム取材班記者  狩生聖子

休日にまとめて病院を回る母親もいて待ち時間は死活問題。
オンラインの診察予約は便利だが「適度な待ち時間」は必要かも。

「小児科だったら、あまり患者さんがいない病院を選ぶなぁ」
「腕がよくて混みすぎているところよりは、ほどほどでいいから、待ち時間の少ないところだね」

 こうした意見を複数のママ友から聞いた。患者が多いと待ち時間が当然、長くなる。読書などで暇がつぶせる大人とは違う。玩具や絵本のほか、遊ばせるスペースを設けている小児科もあるけれど、子どもは飽きっぽい。物心がつく年齢でも30分を過ぎると「まだ~?」を連発するようになる。

 最近は働く母親も多く、子どもを受診させることのできる時間は限られている。仕事が休みの土曜日に小児科、耳鼻科と複数の病院をかけもちする母子は珍しくない。待ち時間は死活問題なのだ。

 軽い症状や予防注射で受診する場合、「待っている時間が長いと、ほかの子どもから病気がうつる可能性が高くなる。だから、混んでいる病院は避ける」というケースも多い。受験シーズンは特にそうだ。

 予防接種で来たと思われる母子が診察室に入ってきたとき、先に待合室にいた、その人の友達らしい母子(予防接種仲間)が、身振りとアイコンタクトで、その母子に何かを伝えていた。よく見ていると、ひどく咳をしている子どもがいる場所をさし、「あっちは(風邪がうつる可能性があるから)危険」と伝えていたのだ。

 見ていて、とても嫌な気持ちになったが、幼稚園や小学校の受験を控えた子どもがいれば、親は全力で子どもを守りたくなるもの。仕方のない面もある、のかもしれないが……。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ