日経メディカルのロゴ画像

女性患者には女医がいいのか

2009/03/07
医療コラムニスト 21世紀医療フォーラム取材班記者  狩生聖子

婦人科の検査・治療に女医を配置する病院が増加。
女性の“気持ち”への配慮を見せてはいるが。

 近年、子宮がん検診や乳がん検診などを中心に、女性医師をおく医療機関が増えてきた。 「デリケートな部分だから、男性医師が相手では恥ずかしい」 「男性医師に診てもらうのが嫌だから、検診を躊躇してしまう」  などの声を受けたものだ。

検診を申し込むときに、「女性医師を希望しますか?」と、わざわざ聞いてくるところもある。がん検診で有名な国立がんセンターの「がん予防・検診研究センター」(東京都中央区)でも、乳がん検診の担当医師とマンモグラフィの撮影技師は女性。近い将来は子宮がん検診の担当も女性医師にしたいという話を聞いた。

 周囲の女性たちに聞いてみると、こうした女性ならではの部位を診てもらうときは女性医師がよいという。ほかに大腸がんの内視鏡検査や痔など肛門の症状、カンジダ膣炎など、性器にかかわる症状を診てもらう場合、「できれば女性医師がいい」という声は多かった。

また、一般の内科でも女性医師を求める声は少なくなかった。不定愁訴を専門に扱う、都内のクリニックを開業しているのは中年の女性医師が患者の声を聞くと、

「先生は仕事の大変さなど、女性ならではの大変さを理解してくれる」
「先生自身が子育ての苦労などを話してくれて親近感がもてる」
と、とても評価が高い。

 女性の場合、疲労感や頭痛、肩こり、動悸、めまいなどはあるが、検査ではなかなか異状が見つからないことも多いので、こうした場合、女や母親としての苦労を話しやすい女性医師は向いているのかもしれない。

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ