日経メディカルのロゴ画像

薬を用いず、医者に頼らない江戸の患者学 ~現代でも通じる心の処方箋~

2009/10/08
21世紀医療フォーラム取材班ライター 油井富雄

「無憂丸」は服用方法も大事


続いて、食欲、睡眠欲、性欲の三欲の毒を抑制し、妄想の火を治める「無憂丸」というクスリの説明がある。

<「和気散」を小さい粒の丸薬にして、それを“潔白”で包んで服用する。これを服用する時は、まず静かで清潔な爽やかな一室で椅子と机と布団を用意して、香を焚き、正座して、身体の力を抜いて、呼吸を整えたのちに服用する。その間、心の趣くままに散策し、風月を吟じて情を働かせ、あるいは古書を読んで、古人と対話し、あるいは一人で炉を前にして茶を点てるか、あるいは友と楽しい会話をし、心に恥じることない行いをして、奢れる行いや享楽に馴染んではならない>

この「無憂丸」には、用法や用量を間違うと副作用があることも書いてある。

<もし、前述の戒めを守らず服用すれば、ややもすると物事におぼれ、毒にあたり、痛手を被りやすい。ただ暇のある時に、その分量を守り、これを飽きることなく服用し、志を養えば、神気は少しずつ爽快になり、世間のわずらいや悩みさえ知らず、自分の心に妄念が起きることはなく、心の軸となるものを得て、身体もそれに伴い安穏になる>

七つの成分が入った「守分湯」


3番目にあげるのは「守分湯」。

<遊興に堕落するのを戒め、贅沢を慎み、心を穏やかにして、心を健やかにする。未病を治し、すでに病として表れたものは、これを退ける。福を知らず知らずのうちに育て、子孫の繁栄に結びつけ、その効果は諸薬に優る。“少事”“早寝”“早起き”“倹身”“節用”“晩食”“安歩”の七味を均等に合わせたもの。煎じて、意に従ってこれを服用する。もとより貧困でないものもこれを服用すれば必ず益がある。この「守分湯」を主剤として、「無憂丸」と兼用してもよい>

平野の記した七つの成分の意味は詳しくは記していないが、“少事”は、つまらないものでも貴いもので、また少なくとも満足する意味。“早寝”と“早起き”の習慣は言わずもがなで、“倹身”とは自らの身体を倹約する意味と思われるが、献身という意味のボランティア精神という意味合いもある。“節用”とは、節約ということだが、現代風に解釈するなら、地球環境まで視野に入れたエコロジーも意味するだろう。“晩食”とは、腹七分、八分のほどほどということ。“安歩”は、ウオーキングの運動という意味に加え、急がず、慌てず人生をゆったりと歩むことだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ