日経メディカルのロゴ画像

「地域医療再生はいま」第3回
地域医療再生に向けて、医師会の機能を活用。患者が安心できる「病診連携」構築を目指す
テーマ:千葉県の地域医療再生

2010/06/25
インタビュー 千葉県医師会会長 藤森宗徳 氏、千葉県医師会理事 原 徹 氏

 

適正な「病診連携」は、医療経済にも貢献


──大学病院の本来の機能は「教育」と「研究」です。従って、一般医療はカットして、高次医療を基本的に行うという形に再編し、大学病院への患者の「フリーアクセス」をある程度制限するという考え方がありますが、いかがですか。

藤森 フリーアクセスは制限できないでしょう。千葉市立海浜病院では、初めは「地区の医師が紹介した患者だけを診る」ということで、フリーアクセスをブロックしました。ところが段々患者が自由に行きだしてしまい、病院も経済的に逼迫するようになり、フリーアクセスを受け入れ、紹介状なしでも入れるようになりました。

原 要は、機能の問題もそうですが、病院経営自体が非常に厳しくなっているから、何でも診ないと経営が成り立たないようになっている。これは医療問題ではあるが、根本は経済の問題であり、制度やシステム、医療費の負担をどのようにしてくかという国の全体施策と大きく関わっています。

藤森 フリーを受け入れないと病院も経営が成り立たない。口では、「入院が大事」とは言っていますが、外来をやらないとやっていけません。また、逆紹介(病院から開業医に患者を紹介すること)をしていると言っていますが、大学病院でも、外来の患者はどんどん受け入れ、そしてずっと管理を続けるという形が多く見られます。

患者、医療者双方にとって“良い医療とは”ということを考えると、患者はまず、近くの開業医に受診する。そして、必要があれば専門医あるいは病院を紹介して診てもらう。紹介先の病院での管理が終了したら、元の開業医の下でケアを続ける。こうした病診連携がもっとも良いと思います。

──開業医が「慢性期患者のケア」について、病院から「逆紹介」を受けるためには、何が必要と思われますか。

藤森 やはり開業医は、第一線の医療情報や治療学を勉強しないといけません。連携を介して、病院から専門性の必要な患者を「逆紹介」されたら、その患者に合わせた患者管理を病院の専門医と一緒にやる、そういう方向性が最も重要です。そのためには、専門医の考えていること、指示する内容を適確に把握できるということが大切です。病院側は、「逆紹介」の対象となる医師が“誰でもよい”という訳にはいきません。例えば、糖尿病であれば糖尿病管理の経験のある医師、その知識のある医師に患者を送りたいのです。

病院同志は、疾患の管理をしている特定の病院に送ろうとします。専門医のネットワークをつくり、基本的にはその枠内でやろうとしています。ところが「逆紹介」の対象となる開業医には、疼痛管理など専門知識を必要とする管理ができる医師が少ない。病院としては、“送りたいが、送れない”というのが実情です。本当に必要だから送りたいけれども、その受け皿が非常に少ない。在宅医療推進に際して、国でも言われていることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ