日経メディカルのロゴ画像

「地域医療再生はいま」第3回
地域医療再生に向けて、医師会の機能を活用。患者が安心できる「病診連携」構築を目指す
テーマ:千葉県の地域医療再生

2010/06/25
インタビュー 千葉県医師会会長 藤森宗徳 氏、千葉県医師会理事 原 徹 氏

東京の医科系大学の千葉進出によって、
大きく変化した千葉の医療圏


――1980年代から、千葉県には首都圏の医科系大学附属病院が数多く進出してきました。これら大学の進出、そして各大学附属病院の新設は、千葉県の医療にどのような影響を与えたのでしょうか。

原 以前から、「千葉県全体の医療機関の数が少ない」「医師数も他の都道府県に比べて、それほど多くはない」といった、言うなれば“医療資源が乏しい”という状況にありました。しかし、逆に言うと、“効率の良い医療を行っていた”とも言えます。保険点数でも「西高東低」といわれていて、千葉県は非常に低い医療費で、標準化ができているような地域でした。それが、東京の医科系大学が進出してきて、県内に数多くの独自の医療圏を形成するようになった。従来は、千葉大学1つで、房総半島の医療をがっちりやるような地域性がありましたが、今ではできなくなっています。

藤森 昔は、千葉大学を中心に医師の卒後教育もできていましたが、現在は、これも難しい状況にあります。

──千葉県において、医師の卒後教育、つまり研修医の教育が従来どおりに行われなくなった理由は何でしょうか。

藤森 それは、千葉大学に研修医が集まらなくなったことが大きいでしょう。1980年代までは、関東一円に、千葉大学の関連病院がありました。私も千葉大学出身の小児科の医師ですが、山梨県の病院に出向したこともありました。つまり、昔の千葉大学は、医学部・附属病院の各診療科の医局が、千葉大学出身の医師の人事権を持ち、関連病院へ医師を派遣する能力がありました。それだけ医師もたくさんいたわけです。

ところが、2004年に新医師臨床研修制度が導入され、研修医が自主的に研修病院を選択できる「マッチング」が始まると、一旦、千葉大学を出て、初期臨床研修を終えて千葉大学に帰ってくるのは、全体の6割程度で、現在も減少しています。これが、千葉県の医師不足の一因であり、県下での千葉大学の医療における影響力を低下させた原因でもあります。

──東邦大学、帝京大学、東京慈恵会医科大学、東京女子医科大学などは、どのような目的で千葉県に進出したのでしょうか。

原 まず、進出の目的ですが、特に東京の医科系私立大学から見れば、都内には研修する場・病院がない。都内に新設を考えても、非常にコストがかかり、附属病院の運営計画に支障をきたす。だから、その頃東京のベッドタウンとして、人口が激増していた千葉県を候補としたということでしょう。千葉県は、ご承知のとおり、東京からも近く、東京の医科系大学の本院から医師を派遣しやすい、また千葉県に附属病院を新設すれば、地域の医療ニーズもあるということです。

しかし当時、診療報酬の審査について、千葉県は厳しかった。同時に、診療報酬の請求者、つまり医師の自浄作用が非常に強かった。千葉県では、「この疾患には、この治療が標準」ということが、医師同志、お互い顔が分かっていて、その中で自律的にできたということがありました。しかし、東京から千葉に来て見ると厳しい。「何で、ここが査定されるのか」という具合に、東京から進出してきた大学の関係者にとっては、違和感を感じるところもあったでしょう。そういう面では、当時まで、千葉大学が医療の質と医療経済まで考えた動きをしていたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ