日経メディカルのロゴ画像

「地域医療再生はいま」第3回
地域医療再生に向けて、医師会の機能を活用。患者が安心できる「病診連携」構築を目指す
テーマ:千葉県の地域医療再生

2010/06/25
インタビュー 千葉県医師会会長 藤森宗徳 氏、千葉県医師会理事 原 徹 氏

地域医療において、地元医師会の果たす役割は大きく、また、その機能も多岐に渡る。
千葉県の地域医療再生における喫緊の課題は、「患者が安心できる病診連携の構築」と語る千葉県医師会会長 藤森宗徳氏と、同理事の原徹氏のお2人に、「行政と医師会の関係」「千葉県内の大学附属病院との医療連携」「地域医療再生プログラムへの評価」など、医師会の立場から地域医療再生の取り組みについて伺った。
(聞き手:日経BP BPnet編集プロデューサー 阪田英也 構成:21世紀医療フォーラム取材班 藤上 博)

行政と医師会が一体となって、地域医療を再生



千葉県医師会会長 藤森 宗徳 氏

──千葉県には、県内各地区の医療問題についての討議を行う場として、行政主導で設置された医療審議会地域保健医療部会があります。この医療審議会地域保健医療部会における医師会の役割について教えてください。

藤森 審議会の中で医師会は、医療関係者の一員であり、数多くの医療機関が参加している中での1つの組織という位置づけです。従来、医療審議会地域保健医療部会は、第三者が会長を務めていましたが、数年前からいろいろな問題が出てきたため、県医師会長が兼務することになりました。

原 千葉県の「保健医療計画」を策定するとき、医療審議会地域保健医療部会はその基盤となる組織です。ですから、医療審議会地域保健医療部会の決定事項が、千葉県の保健医療政策になります。そのためには、地域医療に携わる医師会と行政が、協力体制をきちっと構築してからやらないといけない。藤森会長が医療審議会地域保健医療部会の会長を兼務していることには、こうした背景があります。


千葉県医師会理事 原 徹 氏

藤森 現在、医師会は、行政と協力して地域医療を再生するために、一体となって活動していると言ってよいでしょう。十数年前は、“行政は行政、医師会は関係ない”というスタンスでした。ですから、医療審議会地域保健医療部会のような会議に参加していても、県医師会が積極的に発言する、または自らが医療問題の改革に携わっていくなど、県医師会としての主体性は出せませんでした。しかし、平成18年度から5カ年の「千葉県保健医療計画」を策定するにあたり、千葉県の医療問題を行政と一緒に解決しようという機運が高まり、変わってきました。その成果の1つが、「千葉県共用地域医療連携パス(地域連携パス)」です。

地域連携パスとは、病院内で活用していたクリティカルパス(患者の入院から退院までの間の、手術や検査の予定から、食事や入浴の開始日時の診療計画の内容を記した書類)の範囲を、地域の病院、診療所など県内医療機関に拡大させたものです。

急性期病院から回復期病院、療養型病院、かかりつけ医、あるいは在宅などの流れに沿って、対象患者の状態に応じた医療支援を行う役割を果たすことが、地域連携パスの目的です。従来は転院先の病院に紹介状を出すだけでしたが、地域連携パスが患者と一緒に動くことで、医師同士がより詳しい患者情報を共有し、系統的な治療、リハビリなどにつなげることができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ