日経メディカルのロゴ画像

「地域医療再生はいま」第2回
開院以来、24時間対応の救急医療を提供。研修制度を充実させ、若手医師を確保
~総合病院国保旭中央病院院長 吉田象二氏に聞く、千葉県北東部の地域医療

2010/06/17
インタビュー 総合病院国保旭中央病院院長 吉田象二氏

プライマリケアのできる医師は、病院や地域医療の強力な戦力


──吉田先生がお考えになる喫緊の医療問題とは、何でしょうか。

吉田 その第一は、医師不足の問題です。医師不足は、地域における偏在がその背景にあるという考え方がありますが、やはり絶対数が足りない。しかし厚生労働省では、偏在であると考える人がまだ多くいます。この問題は精査が必要です。毎年、医学部の定員数を見直し、将来的に人口比で何人の医師が必要かを継続的に考えていく必要があると思います。

また、診療科の細分化も医師不足の原因になっています。例えば、循環器科で患者を診ていて、糖尿病の合併が判明すると糖尿病の専門医へ。ちょっと胃が痛めば、消化器内科へと。本来は全て1人の医師が診るべき患者を、専門家へ回すという細分化が、医師不足という問題の一因となっています。この状況を解決できるのは、プライマリケア医、あるいは総合医です。

他科であっても近接領域ならば、その医師が診て薬の処方まで行う。また、合併症にも対応できるという医師が理想です。こういった医師は病院にとって、凄い戦力になる。医師1人で患者への治療を完結できるので、時間のロスや無駄が省け、医療者・患者側双方にとって有益です。やはり、国を挙げて、総合医・プリマリケア医の育成を真剣に考えていくべきです。

さらに、医師の過重労働に拍車をかけているのが、診療以外の事務作業です。患者の次の診療や検査の予約、カルテやオーダリングなど、事務的なことに、かつてより時間を取られるようになってきました。医療ITの導入が合理化や省力化ではなく、業務の煩瑣をもたらしたことは皮肉ですが、医療秘書など、この分野にもコメディカルに役割をもたせることを考えていくべきでしょう。

──吉田先生は、「千葉県地域再生プログラム」の審議会委員です。今回のプログラムについてどのように評価されていますか。

吉田 現時点での千葉県の医療問題について、解決の道筋をつけていくためには有効なプログラムだと思います。しかし将来的には、もっと前に進めないと効率の良いシステムはできません。病院機能の役割分担をはっきり決めて病院同士の連携をはっきりさせていくべきです。ヒト、モノ、カネ等の無駄な資源の配分はやめるべきです。

そして最終的には、広域医療圏における病院の経営統合を図る。例えば、「東総医療機構」のようなものを設立して、その機構が経営まで面倒をみるということにならなければ、本当の意味での解決策にはなりません。その機構には、県(行政)が入ることも必須です。

旭市でも、旭中央病院の来年度の予算は310億円。市の予算は270億円くらいなので、とても旭市単独の財政で持ち堪えられるものではありません。広域医療圏での医療体制をどのようにするかというグランドデザインを早期に策定すべきです。旭中央病院が他の病院を手伝う、その病院と連携して機能分化を進めるとしても、当院が市立病院のままでは限度があり、うまくいきません。このような理由から、当院の経営形態について如何にあるべきか、将来の課題となっています。

──地域住民に対して、旭中央病院は、「このような役割をしている」ということを伝えるために、どのような広報をしていますか。

吉田 実は、現段階では、地域住民への広報活動が欠けていると認識しており、来年度からの当院の重点目標の1つになっています。地域医療を一緒に考えることをテーマに、大掛かりなシンポジウムではなく、病院が中心となって地域の人たちと対話集会のようなものをやるべきでしょう。特定疾患の患者団体が主導するような形ではなく、地域において、ニュートラルに受け入れてもらえる素地のあるところで対話を行う必要があると考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ