日経メディカルのロゴ画像

「地域医療再生はいま」第2回
開院以来、24時間対応の救急医療を提供。研修制度を充実させ、若手医師を確保
~総合病院国保旭中央病院院長 吉田象二氏に聞く、千葉県北東部の地域医療

2010/06/17
インタビュー 総合病院国保旭中央病院院長 吉田象二氏


香取・海匝医療圏の特徴


──香取・海匝医療圏における旭中央病院の役割は、どのようなものでしょうか。

吉田 旭中央病院の役割は、大きく分けて3つあります。まずは24時間応需の救急医療を中心とする市民病院としての役割です。次に地域の中核病院として高度先進医療を含めた質のよい医療を提供して住民のニーズに応えています。そして3番目は医師や看護師、コメディカルを教育する教育研修病院の役割を担っています。

──銚子市立病院が昨年、閉院になり、現在は内科単科の病院として再開しましたが、その影響についてはどうでしょうか。

吉田 銚子市立病院は、閉院が囁かれていたこともあり、銚子市民は、「緊急避難的に、良い病院を探して、そこへ行く」という、一種の“仕分け”がなされたので、旭中央病院に一気に押し寄せるということはありませんでした。しかし、徐々にしわ寄せが来ています。特に救急患者が増えています。どう対応すればよいのか、マンパワーを増やせばよいのか、あるいは出先機関を作ればよいのかなど、当院だけではなく、地域全体でいろいろな対策を講じる必要が出て来ています。

また、一般病床の問題だけではなく銚子市立病院の閉院に伴って、精神疾患の診療を千葉県北東部のどの病院が中心的に診ていくかという新たな問題も起こりました。実は、銚子市立病院は、銚子市の精神福祉と精神衛生を支えていたのです。かつては、精神科の病床を200床ほど持ち、伝統がありましたが、それが失われてしまいました。

精神科も時代と共に変化してきており、急性期、慢性期の精神疾患患者の振り分け、受け入れ先といった役割分担を決めることが大切です。これを機会に当院だけではなく地区全体で行政を含めた精神科医療の再構築をしていくことが求められています。

臨床研修を充実させ多くの研修医を集める。
受け入れ側の緊張感が、病院を活性化させる


──患者の増加に対応して、医師、看護師、コメディカル等の拡充を図らねばなりません。これまで、旭中央病院では、どのように医療スタッフを確保してきたのでしょうか。

吉田 理念に基づいて遂行していくことは、苦労や困難を伴います。「救急」は、当院の理念のトップであり、この「救急」を維持するために、長年にわたり、病院全体が努力してきました。「救急」維持のためには、やはり、前線の働き手である若手医師と、救急を担当するコメディカルを確保せねばなりません。

最近では、千葉大、東大、東京医科歯科大学など多くの大学の研修医が、当院に後期研修にやってきます。当院を選んだ理由は、“地域医療に実践的に関わることができ、幅広い知識と経験が得られる”というものです。現在、当院では、これら後期研修医を含め、全体では260名ほどの医師が勤務しており、ほぼ毎年10名程度増員しています。やがては300名になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ