日経メディカルのロゴ画像

千葉県の地域医療再生を実現するため、第1回「千葉県地域医療再生本部会議」が開催。

2010/06/10
取材:21世紀医療フォーラム取材班 原田英子、構成:同 狩生聖子、文責:日経BP社BPNet編集プロデューサー 阪田英也

また、この地域は救命救急センターの不在とあいまって、県内で唯一、救命救急医がいない医療圏でもある。また、他の地域についても千葉においては医師、看護師など医療従事者の不足が問題となっており、千葉大学や県内の臨床研修病院などが協働し、この対策を講じるとしている。

会議ではこうした説明の後、医療再生プログラム実施のためのスケジュールが発表され、質疑応答が行われた。

冒頭、千葉県医師会理事の石川広己氏から、「医師や看護師の確保やネットワークづくりなど、県全体のプログラム実施については、4年という短い期間で実現させることは難しい。そのためには平成22年度当初から各会議で話をつめて、この会議で揉む、というスケジュールにすべきでは」との意見があった。

また、長生地区の茂原市市長である田中豊彦氏からも、スケジュールについて同様の指摘がされ、これに対し、県は「ご出席者のご意見をふまえ、できるだけ早い対応についての検討を行いたい」とした。

田中豊彦氏からはさらに、「この会のメンバーには長生地区の医師が1人も入っていない。」という指摘があった。実際、本部のメンバーで地区代表の医師は山武郡・市の医師会長の田畑陽一郎氏だけで、長生、夷隅の医師は含まれない。

これに対し県は、「地域の意見交換を行う地域保健医療協議会で、各地域の医師会の代表者に出席いただいている。3つの地区を代表して再生本部に出ていただくのが田畑陽一郎氏となる」と回答した。

山武地区は東金市、山武市と九十九里町を含む山武郡は3地区の中で最も人口が多い。山武・長生・夷隅地区の中核病院の役割を担うために計画された救急救命センター(「九十九里地域医療センター」内に設置予定:東金市)も山武地区にできる計画だ。

田中氏は、「説明は理解できた。が、いつも山武だけが注目されて、長生、夷隅は取り残されているように見える。実際にそういう意見もあり、県は今後も十分に対応してほしい」と強く訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ