日経メディカルのロゴ画像

Nikkei Medical ONLINE日経メディカル オンライン https://medical.nikkeibp.co.jp/

2005. 11. 17

【AHA2005速報】

日本人のブルガダ症候群の予後、無症候性の場合はヨーロッパより悪くない可能性

関連ジャンル:

心疾患

 健常者の突然死の一因と指摘されているブルガダ症候群において、ヨーロッパと日本では、その予後に違いがありそうだ。わが国で進行中の多施設研究によると、これまでの中間的なまとめでは、無症候性の場合、日本人の予後はヨーロッパより悪くない可能性が示唆された。国立循環器病センターの相原直彦氏(写真)らが11月16日、セッション「Arrhythmias: Diagnosis and Electrophysiology」で発表した。

 ヨーロッパの研究では、ブルガダ症候群あるいはブルガダ型の心電図(BSECG)が認められる患者の予後は、不良であることが報告されている。しかし日本では、「予後はそれほど悪くないというのが臨床現場の印象」(相原氏)であるなど、日本人の臨床像にはまだ不明な点が少なくない。研究グループは、日本人のデータを集積し分析することが必要と考え、多施設研究に取り組んだ。

 今回は、これまでに集積したブルガダ症候群あるいはブルガダ型のST上昇を認めた463症例(男性438例、女性25例、年齢52.5±15歳)を対象に、日本人の場合の予後を解析した。

 研究では、対象症例を心室細動による突然死の状況から救命された77例(A群)、失神の既往があった81例(B群)、無症候性の305例(C群)の3群に分け、比較検討した。

 ブルガダ症候群の特徴の1つである家族歴をみると、ブルガダ症候群およびブルガダ型の心電図の家族歴は、A群で15%、B群で7.3%、C群で5.5%に確認された。また、心房細動の家族歴は、それぞれ35%、16%、13%だった。いずれも、A群で高く、B群、C群の順で低い傾向にあった。

 また、予後については、フォローアップ開始後の最初の1年間の心血管イベント(心室細動)の発生率は、A群で17.1%、B群で4.0%、C群で1.0%と、A群で特に高かった。カプランマイヤー法による生存率をみると、50カ月後にはA群は70%をきっていたが、B群とC群は95%以上の水準を保っていた。

 A群では、ブルガダ症候群の家族歴あるいは突然死の家族歴、失神の既往の家族歴がある症例が目立ち、さらに家族歴があると予後は悪いという傾向があった。これはヨーロッパの報告と同様だったという。一方、B群、C群については生存率が高く、それぞれの予後はヨーロッパの報告より良い傾向にあった。

 これらの結果から研究グループは、「突然死の状況から救命された症例群では、ヨーロッパの報告と同じような予後を示した。しかし、失神の既往がある症例あるいは無症候性の症例では、ヨーロッパより予後は悪くない可能性が示唆された」とまとめている。特に無症候性群については、家族歴が少ないことが日本人の特徴の1つとして浮かび上がっており、これがヨーロッパとの予後の違いを生み出しているのではないかと考察している。(三和護、医療局編集委員)

(日経メディカル)

この記事を読んでいる人におすすめ