日経メディカルのロゴ画像

Nikkei Medical ONLINE日経メディカル オンライン https://medical.nikkeibp.co.jp/

2005. 11. 18

関節リウマチ患者で心筋梗塞予防のアスピリン服用者は2割弱、リウマチ専門医に意識改革促す

関連ジャンル:

心疾患 | 関節リウマチ

 関節リウマチ患者は心筋梗塞リスクが高いことは知られているが、アスピリンの予防投与を受けているのは、2割に満たないことが明らかになった。米Wake Forest大学のLee Colglazier氏らが、1万4000人超の関節リウマチ患者を調べ明らかにしたもので、11月16日に開催された米国リウマチ学会のコンカレント・アブストラクト・セッションで発表した。

 Colglazier氏らは、関節リウマチ(RA)の人1万4114人と、非炎症性リウマチ性疾患(NIRD)の人4009人について、3年間にわたり調査を行った。平均年齢は、RA群が61.9歳、NIRD群が63.9歳だった。なお、アスピリン予防投与の定義としては、1日81〜325mgとした。また、NIRDは心筋梗塞のリスク因子とは考えられていない。

 その結果、アスピリンの予防投与を行っていた割合は、年齢と性別を補正後、RA群は18.4(95%信頼区間:17.7〜19.1)%、NIRD群は25.1%(同:23.7〜26.5)%だった。年齢、性別と心筋梗塞歴を補正した後の、RA群のNIRD群に対するアスピリン予防投与に関するオッズ比は、0.67(同:0.62〜0.70)だった。

 一方、心筋梗塞の発症リスクは、年齢と性別を補正した後、RA群がNIRD群の1.7(同:1.1〜2.6)倍にも上った。

 この研究からはRA患者にアスピリン予防投与の少ない原因を特定できなかったが、Colglazier氏らは、1、リウマチ専門医が心筋梗塞の予防といった一般的な予防治療については、プライマリケア医に任せてしまっている、2、関節リウマチが、通常の心筋梗塞のリスク因子として一般的なチャートに載せられていない、3、関節リウマチ患者は多種の薬を服用しており、アスピリンの予防投与は軽視されている、4、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)や疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)の注意書きで、アスピリンの服用を思いとどまらせるような表現がある――などを挙げている。(Andrew G. Ten Have、當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

(日経メディカル)

この記事を読んでいる人におすすめ