日経メディカルのロゴ画像

Nikkei Medical ONLINE日経メディカル オンライン https://medical.nikkeibp.co.jp/

2005. 11. 17

自家骨髄移植で強皮症患者の血行障害改善に成功

関連ジャンル:

先端医学

 横浜市立大学大学院医学研究科病態免疫制御内科学教授の石ヶ坪良明氏(写真)らは全身性強皮症患者の血行障害を対象に自家骨髄細胞の移植を行うことで症状を改善させることに成功した。バージャー病や動脈硬化性閉塞症などの血行障害性疾患で自家骨髄移植はかなりの件数が行われているが、強皮症を対象にしたもので効果が確認されたのは稀なケースになる。成果は11月16日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Session 「Translational Approaches to Scleroderma」で発表された。

 石ヶ坪氏らは重度のレイノー現象や痛みの強い潰瘍を指に持つが、プロスタグランジンE1の投与など通常の血行障害治療薬で難治性の4人の全身性強皮症患者を対象に細胞の移植を行った。全身麻酔下で骨髄から骨髄液を採取して、単核球を分離、前腕部から手のひらにかけて40カ所に接種し、2週間ごとに患者の主観(痛み)による評価と潰瘍部の変化などを調べた。

 その結果、石ヶ坪氏らは4例全例の患者で移植後2週から4週後で患者の主観による評価が改善し、潰瘍の大きさも縮小、上皮化が確認できた。患者の中には、治療前はレイノー現象がよく出て、指がぶつかると痛く眠れないといった状態だったのが、アイスクリームを持ってもレイノー現象が現れず、痛みがなくなった症例もあった。また、サーモグラフィとパルスドップラーフローメトリーで血流量が改善していることも確認した。さらに、毛細管顕微鏡検査で、健常人のレベルには劣るものの爪の根元部分で血管新生が生じていることを見出した。なお、深刻な副作用は見出されなかった。

 石ヶ坪氏らは、今後、症例数を増やして、血球、血清を集め、骨髄細胞中に存在するCD34陽性細胞が効果を発揮していることを確認していくとともに、末梢血幹細胞を用いた移植にも展開していきたいと考えている。(横山勇生)

(日経メディカル)

この記事を読んでいる人におすすめ