日経メディカルのロゴ画像

Nikkei Medical ONLINE日経メディカル オンライン https://medical.nikkeibp.co.jp/

2005. 11. 15

ビスフォスフォネートの低コンプライアンス、理由は「長期の服用で薬が効かなくなる」などの誤解から

関連ジャンル:

骨粗鬆症 | コミュニケーション

 骨粗鬆症の治療薬で、骨吸収を抑制する作用があるビスフォスフォネート製剤(成分名:リセドロン酸ナトリウム水和物)については、患者のコンプライアンスが悪いことが広く報告されている。これまでその理由は、厳しい服用規則や副作用などにあると考えられていたが、実は「長期の服用で薬が効かなくなる」などといった、ビスフォスフォネート製剤への大きな誤解が原因であることが分かった。これは、英国Poole Hospital NHS TrustのPaul Thompson氏が、ビスフォスフォネート製剤の処方歴のある約500人の女性を対象にした調査の結果明らかにしたもので、11月14日に開催された米国リウマチ学会のARHPコンカレント・セッションで発表した。

 Thompson氏らは、骨粗鬆症でビスフォスフォネート製剤の処方を受けた、閉経後の50歳超の女性533人に対し、電話で聞き取り調査を行った。被験者の平均年齢は70歳、ビスフォスフォネート製剤を現在も服用中だったのは63%、過去12カ月以内に服用を中止してしまったのは37%だった。骨粗鬆症の診断を受けてからの期間は平均で8年間、また42%が骨粗鬆症による骨折歴があった。

 調査の結果、54%が「定期的に服用することで、薬の効果がなくなってしまう」、56%が「服用を続けることで依存してしまうのではないか」といったビスフォスフォネート製剤に対する誤解を持ち、その服用に対する懸念を抱いていることがわかった。また、そうした懸念を持っている人は、そうでない人に比べ、ビスフォスフォネート製剤を指示通りに服用しない傾向が2.7倍にも上った(ハザード比2.7、p<0.0001)。一方、薬を規則どおりに飲むのが難しいなど、服用に実際的な困難を感じるとした人は、そうでない人にくらべ、指示通りに服用しない傾向は1.4倍(ハザード比1.4、p=0.03)だった。

 さらに、ビスフォスフォネート製剤の服用が、骨折予防につながると考えている人は全体の46%に過ぎず、同治療法の効果についての理解もまた低いことがわかった。

 会場からは、「この結果を、臨床現場はどう受けとめればよいのか」との問いがあり、それに対してThompson氏は、「患者ともっと話をし、治療に関する不安などを聞きだし、また治療の効果を理解してもらうことだ」とした。「患者向けの情報シートを配布してはどうか」との提案には、「既に我々はそれを実施してきたが、それでは不十分のようだ」と答えた。(Andrew G. Ten Have、當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

(日経メディカル)

この記事を読んでいる人におすすめ