日経メディカルのロゴ画像

Nikkei Medical ONLINE日経メディカル オンライン https://medical.nikkeibp.co.jp/

2005. 11. 13

米国リウマチ学会開幕、生物学的製剤関連など注目演題目白押し

 11月12日、カリフォルニア州サンディエゴで米国リウマチ学会(ACR2005)が始まった。腫瘍壊死因子を阻害する生物学的製剤の登場で大きく治療の変わったリウマチ、自己免疫疾患関連の最新状況が報告される。

 インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブなど生物学的製剤の最新臨床試験データや低分子化合物の治療薬の開発状況、新治療法の動向、治療法の選択に利用できるマーカーの研究など、様々な研究の成果の発表が予定されている。

 初日の12日は基礎研究関連のセッションなど限られたセッションしか始まっていないため、全体の賑わいは今一つといったところだが、個々のセッションは多くの参加者があり、熱気を感じさせられた。

 会期は17日までの6日間。8200人以上の参加が見込まれているという。(横山勇生)

(日経メディカル)

この記事を読んでいる人におすすめ