DI Onlineのロゴ画像

情報パック
情報パック
日経DI2015年1月号

2015/01/10

日経ドラッグインフォメーション 2015年1月号 No.207

<BOOKS>
製品選択のポイントがわかる
「OTCメディケーション」虎の巻 第3版

◯OTC薬のカウンセリング販売に必要とされる知識とノウハウを盛り込んだ実践書。22の薬効群ごとに、配合された主な有効成分とその薬理作用を一覧表に集約。症状を訴えOTC薬を求める患者に対し、短い時間で適切な製品を提案するための方法を3つのステップで解説した。
◯主要450製品をカラー写真で紹介し、各製品の特徴をコンパクトにまとめている。要指導医薬品は、販売時のチェックポイントや薬効、副作用などについて詳説した。最新の医薬品販売制度にも全面的に対応。(B5判、392ページ)

泉澤 惠 監修・執筆、日経ドラッグインフォメーション 編 5500円+税/発行:2014年12月
日経BP(TEL03-5696-6000)

小児科領域の服薬指導Q&A
改訂版

◯小児科領域で用いられる様々な薬剤に関する、服薬方法や指導の工夫をまとめた書。前著を5年ぶりに改訂し、分かりやすい解説を追加して編集し直した。
◯内容は大きく「総論」と「各論」の2つに分かれており、「総論」部分では、散剤の飲ませ方や粉ミルクとの混合、他の薬剤との混合など、小児に服薬させる全体的な工夫をまとめている。「各論」部分では、感染症関連薬、解熱薬、喘息関連薬、てんかん関連薬など、疾患ごとに使用される薬剤の注意すべき点、指導の工夫が盛り込まれている。(A5判、256ページ)

荒木 博陽 編、田中 亮裕 編著 4800円+税/発行:2014年12月
医薬ジャーナル社(TEL06-6202-7280)

在宅医療の技とこころ
在宅薬剤管理入門

◯これから在宅医療に取り組もうと考えている薬剤師向けに、業務のノウハウを解説した書。長く在宅医療に携わってきた複数の薬剤師が、そのスキルと心構えを説く。
◯患者とのコミュニケーションや体調チェックポイント、認知症患者への対応法、褥瘡ケアや経腸栄養、無菌調剤の方法など、具体的なノウハウや実施時の注意点が解説されている。そのほか、各地域での取り組み、調剤・介護報酬体系と算定のポイント、必要な書類の作成手順なども併せて紹介しており、実務に役立つ。(A5判、241ページ)

和田 忠志、川添 哲嗣 監修 3000円+税/発行:2014年9月
南山堂(TEL03-5689-7855)

漢方薬副作用百科

◯『健康食品・中毒百科』(2007年、丸善出版)や『薬物乱用・中毒百科』(2011年、同)を記した中毒の専門家である著者が、新たにまとめた漢方薬の副作用事典。膨大な量の文献から情報を抽出しており、医療用漢方製剤だけでなくOTC薬や海外で使用されている漢方薬まで、幅広く対象としている。
◯生薬別に作用と副作用をまとめ、その生薬を含有する製剤に関して副作用事例を紹介するのが基本的な構成。各生薬の項目の最後に、副作用被害防止のために著者が「提言」を記しているのも特徴。(B5判、482ページ)

内藤 裕史 著 4400円+税/発行:2014年9月
丸善出版(TEL03-3512-3256)


<掲示板>
開催案内

第30回 日本静脈経腸栄養学会学術集会
◯日時 2015年2月12日(木)~13日(金)
◯場所 神戸国際会議場(神戸市中央区)ほか
◯プログラム 薬剤師部会企画セッション「NSTにおける薬剤師のフィジカルアセスメントをどうするか」、ためになる講演「食と薬と嚥下障害」ほか
◯事務局 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター栄養ディバイス未来医工学共同研究部門
◯参加費 一般1万2000円、学生7000円
◯開催案内URLhttp://www.jspen.jp/jspen2015/

開催案内

アトピー性皮膚炎 治療研究会 第20回シンポジウム
◯日時 2015年2月14日(土)
◯場所 鳥羽国際ホテル(三重県鳥羽市)
◯テーマ かゆみ
◯プログラム シンポジウム「アレルギーマーチとAD治療」、演題「かゆみのコントロール」ほか
◯事務局 三重大学医学部皮膚科
◯参加費 医師5000円、コメディカル3000円
◯開催案内URLhttp://www.adpd2015.jp/

開催案内

第32回 日本東方医学会学術大会
◯日時 2015年2月15日(日)
◯場所 東京国際フォーラム(東京都千代田区)
◯テーマ 食と統合療法
◯プログラム 会頭講演「生活習慣病はカロリーの取り過ぎが原因なのか?」、教育講演「養生薬膳のすすめ」、シンポジウム「高齢者の元気の出る食事」ほか
◯主催 日本東方医学会
◯参加費 会員5000円、非会員6000円、学生1000円
◯開催案内URLhttp://www.jptoho.or.jp/zaidan/index.html

開催案内

第1回 薬剤師のための外用療法研究会
◯日時 2015年2月21日(土)
◯場所 星薬科大学
◯テーマ 薬剤師による適正な外用療法とその実践を目指して!
◯プログラム 特別講演「褥瘡医療における外用療法~薬剤師の役割~」、シンポジウム「外用療法における薬剤師の関わり~施設・地域での取り組み~」、基調講演「外用薬の基剤を考える」
◯事務局 東京医科大学病院薬剤部
◯参加費 2000円
◯開催案内URLhttp://tttms.web.fc2.com/


  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ