DI Onlineのロゴ画像

情報パック
情報パック
日経DI2014年10月号

2014/10/10

日経ドラッグインフォメーション 2014年10月号 No.204

<BOOKS>
日経DIクイズ16

◯「日経DIクイズ」の書籍版第16巻。『日経DI』誌に掲載された47本のクイズのほか、書き下ろしクイズも12本を収載しており、月刊誌を購読している読者でも新たに学ぶことができる。また、好評連載「医師が処方を決めるまで」は、「不整脈」「認知症」「慢性肝炎」など6本を掲載した。

◯月刊誌で好評だったテーマ「乳児へのマグミットの飲ませ方」「Ca拮抗薬服用中にCa摂取不足になったら」などのほか、「SGLT2阻害薬それぞれの特色は」といった新規薬剤に関するクイズも収載している。(B5判、160ページ)

日経ドラッグインフォメーション編 4700円+税/発行:2014年10月
日経BP(TEL03-5696-6000)

向精神薬と妊娠・授乳

◯妊娠中や授乳期の女性に対する処方や服薬指導に、現場で頭を悩ませることは多い。本書は向精神薬の妊娠・授乳期の安全性について、国内外の臨床家の意見をまとめたもの。薬剤の種類別に妊娠期および授乳期の胎児への影響がまとめられており、胎盤移行率や奇形発生率などを提示しながら説明しているので参考になる。

◯また、うつ病や統合失調症、てんかん、睡眠障害など、向精神薬が処方されやすい10の疾患について、具体的な症例を基に投与量などを解説しており、現場で重宝しそうだ。(B5判、221ページ)

伊藤真也、村島温子、鈴木利人 編 3500円+税/発行:2014年9月
南山堂(TEL03-5689-7855)


<掲示板>
開催予告

第3回 日本くすりと糖尿病学会学術集会
◯日時 2014年11月2日(日)~3日(月)
◯場所 アクロス福岡(福岡市中央区)
◯プログラム 教育講演「糖尿病患者の薬学的管理と薬薬連携の勘所」「糖尿病治療薬─外来患者、在宅での服薬指導のポイント」ほか、「糖尿病腎症の進展防止をめざして-糖尿病腎症における血糖管理-」ほか
◯主催 日本くすりと糖尿病学会
◯参加費 会員1万円、非会員1万2000円、学生4000円
◯開催案内URLhttp://www.jpds2014.org/

開催予告

日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会
◯日時 2014年11月20日(木)~22日(土)
◯場所 名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)
◯プログラム シンポジウム「精神科薬物療法と身体リスク-統合失調症患者さんの健康と命を守るために-」ほか、教育セミナー「アリピプラゾールはなぜトップの薬剤となれたか」ほか
◯主催 日本臨床精神神経薬理学会、日本神経精神薬理学会
◯参加費 会員1万円、非会員1万8000円
◯開催案内URLhttp://www.c-linkage.co.jp/cnp-np2014/

開催予告

第76回 九州山口薬学大会
◯日時 2014年11月23日(日)
◯場所 長崎ブリックホール・長崎新聞文化ホール(長崎市)
◯プログラム シンポジウム「1300万人のCKD患者を救え!薬剤師の挑戦」「患者個別に対応したがん治療を目指して」「開局薬剤師の専門性と生涯学習」ほか、教育講演「薬局ヒヤリ・ハット事例詳細解析法ープレアボイドとインシデントを上手にまとめましょう!ー」ほか
◯事務局 長崎県薬剤師会
◯参加費 一般7000円、学生1000円
◯開催案内URLhttp://www.c-linkage.co.jp/kyuyama-nagasaki/

開催予告

第8回

日本薬局学会学術総会
◯日時 2014年11月23日(日)~24日(月)
◯場所 広島国際会議場(広島市中区)
◯プログラム シンポジウム「がん化学療法における薬局薬剤師の役割」ほか、教育セミナー「改正薬事法により薬剤師に求められる責任と未来」、ワークショップ「在宅医療で繁用される特定医療材料の体験セミナー」ほか
◯事務局 日本薬局学会、日本保険薬局協会 ◯参加費 一般3000円
◯開催案内URLhttp://www.ps-japan.org/forum2014


  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ