DI Onlineのロゴ画像

OTCトレンドウォッチ
プレフェミンほか
OTCトレンドウォッチ

2014/10/10

日経ドラッグインフォメーション 2014年10月号 No.204

 薬剤師の対面による情報提供および指導が必須な要指導医薬品が、相次いで発売された。新たに登場した3つの要指導医薬品を紹介する。

初の月経前症候群用OTC薬

 プレフェミン(ゼリア新薬工業)は、OTC薬として日本初の月経前症候群(PMS)の治療薬。有効成分はチェストベリーで、新有効成分含有医薬品(いわゆるダイレクトOTC)である。

画像のタップで拡大表示

 PMSは、月経の3~10日前からイライラ、怒りっぽい、抑うつなど精神的症状、乳房の張り、頭痛などの身体的症状が表れ、月経が始まると消えていく。黄体期の女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の急激な変動が関わっているとされる。

 地中海沿岸地域などに自生するチェストツリーの果実であるチェストベリーは、ギリシャ・ローマ時代から婦人科系疾患の治療に用いられてきた西洋ハーブであり、作用機序の1つとしてドパミン受容体を刺激してプロラクチンの分泌を抑える作用が知られている。医薬品として欧州薬局方などの公定書に収載され、品質、安全性および有効性が評価されている。

 同薬1錠中にチェストベリー乾燥エキス40mg(チェストベリー180mgに相当)が含まれる。成人女性18歳以上が使用でき、1日1回1錠を服用する。

 臨床試験では、服用期間が1周期(月経が始まってから次の月経が始まる前日までの期間)では64.2%、2周期では80.6%、3周期では91.0%でPMSの症状が改善した。患者には続けて服用するようアドバイスする。

 ただし、1カ月程度服用しても症状が改善しない、あるいは症状が改善しても3カ月を超えて服用する場合には、受診を勧める。また、月経周期に関係なく症状がある、症状が重く日常生活に支障がある、うつ病の診断を受けている、月経に関係なく乳房のしこりや張りがある、月経不順などを訴える患者にも、受診勧奨する。妊娠中の安全性は確立されていないため、妊娠に気付いた時点で服用を中止する。

アルミノプロフェンが復活

 ルミフェン(佐藤製薬)は、プロピオン酸系の非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)であるアルミノプロフェンの単味製剤である。

画像のタップで拡大表示

 アルミノプロフェンは医療用医薬品のミナルフェンとして約20年使われていたが、2008年11月末に販売中止(09年3月末に薬価削除)となっていた。医薬品としての有用性が否定されて中止になったのではなく、他の解熱鎮痛薬との競争激化、原料価格の高騰や薬価改定など事業的な理由によるとされる。佐藤製薬は、既存のOTC薬の解熱鎮痛薬と比較して、アルミノプロフェンはシクロオキシゲナーゼ(COX)2選択性が高く優位性があると判断し、OTC薬にスイッチ化した。

 アルミノプロフェンは、COX2だけでなくホスホリパーゼA2の作用を阻害してロイコトリエンの産生を抑えるため、抗炎症作用も強い。安全性については、イブプロフェンやロキソプロフェンと同程度の副作用が認められている。

 アルミノプロフェンの半減期は、血漿中の2.7時間に対し、関節液中では4.7時間と長く、関節液に長く留まることが示されている。そのため関節痛や腰痛などを訴える患者で、コンドロイチン製剤やビタミン剤を服用していても、なかなか痛みが改善しない人や、痛みの部位が広く外用剤の臭いが気になる人などに薦めるとよいだろう。

 15歳以上から使用でき、痛みや発熱が表れたときに、なるべく空腹時を避けて1回1錠服用する。症状が改善しない場合には、4時間以上空けてもう1錠服用する。通常1日2回まで服用できるが、再度症状が表れた場合は3回まで服用可能だ。

 他のNSAIDsの単味製剤と異なり、アルミノプロフェンは眠気の注意記載がある。服用後に眠気、めまい、一時的な視力低下感が表れた場合は、乗り物や機械類の運転操作をしないよう指導する。また出産予定日12週以内の妊婦には禁忌なので気を付けたい。

過敏性腸症候群の再発改善

 セレキノンS(田辺三菱製薬)は、トリメブチンマレイン酸塩を1錠中100mg含む白色のフィルムコーティング錠である。医科向けのセレキノン錠と同じ剤形だが刻印がない。効能効果は、医師の診断・治療を受けた過敏性腸症候群(IBS)の諸症状の緩和。医科向けの適応には慢性胃炎における消化器症状(腹部疼痛、悪心、あい気、腹部膨満感)とIBSの2つがあるが、OTC薬ではIBSのみである。

画像のタップで拡大表示

 ストレスなどで起こるIBSには下痢型、便秘型、混合型があるが、セレキノンSはどのタイプにも有効で、成人15歳以上から使用できる。1日3回食前または食後に服用する。

 14年7月の発売は九州・沖縄地区限定である。同地区での状況を検証した上で、全国発売を検討するという。

 なお、トリメブチンは、同社のタナベ胃腸薬〈調律〉(第2類医薬品)にも配合されている。トリメブチンマレイン酸塩300mg(1日量)を含むが、制酸剤や消化酵素などを配合した胃腸薬で、効能効果はセレキノンSと異なる。

三上 彰貴子
Akiko Mikami
株式会社A.M.C 代表取締役社長、薬剤師
製薬会社勤務後、コンサルティング会社勤務を経て2005年から現職。医療分野のコンサルティングを行う傍ら、一般用医薬品に関する寄稿や講師の活動も行う。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ