DI Onlineのロゴ画像

情報パック
情報パック
日経DI2014年9月号

2014/09/10

日経ドラッグインフォメーション 2014年9月号 No.203

<BOOKS>
日本プライマリ・ケア連合学会
薬剤師研修ハンドブック基礎編

◯地域住民の健康に関する問題を総合的に解決する「プライマリ・ケア」の実践に資するよう、日本プライマリ・ケア連合学会がまとめた薬剤師向けのテキスト。生活習慣指導、メンタルヘルスケア、在宅ケア、トリアージ、セルフメディケーション支援などの業務に関して、基本的なテクニックや制度面の知識を紹介している。

◯基礎編の名の通り、全ての薬局が押さえておくべき内容がまとめられている。薬剤に関してだけでなく、予防や疫学、健康相談、医療制度といった、幅広い知識の習得に役立つ。(B5判、296ページ)

日本プライマリ・ケア連合学会編 3700円+税/発行:2014年5月
南山堂(TEL03-5689-7855)

フローチャートによる
トリアージ実践マニュアル

◯地域の健康相談拠点としての役割が薬局に求められる中、薬剤師のトリアージ能力向上は重要なテーマだ。本書では、医師の診断ロジックに基づきながら、薬剤師向けにトリアージ理論をまとめており、薬局薬剤師にとって参考になる。

◯患者のどこを見て、何を聴き、どう考えるか。こうした手順をフローチャートと表で示しているのが分かりやすい。また、具体的な症例の詳細な記載、疾患ごとのシミュレーション、見逃しがちな疾患や危険な兆候の解説など、現場で活用できるよう筆者の工夫が随所に施されている。(A5判、100ページ)

佐仲 雅樹著 2100円+税/発行:2014年6月
丸善出版(TEL03-3512-3256)


<掲示板>
開催予告

第8回 日本緩和医療薬学会 年会

◯日時 2014年10月3日(金)~5日(日)
◯場所 愛媛県県民文化会館(松山市)、愛媛看護研修センター(松山市)ほか
◯プログラム 会長講演「いま、緩和医療にできること」、特別講演「拡がるエピジェネティック疾患」、特別企画「がん患者が語る『痛み』」ほか
◯事務局 愛媛大学附属病院薬剤部
◯参加費 会員1万1000円、非会員1万3000円
◯開催案内URLhttp://www.convention-w.jp/kanwa-sp/

開催予告

第20回 日本薬剤疫学会学術総会2014

◯日時 2014年10月11日(土)~12日(日)
◯場所 松山総合コミュニティセンター(松山市)
◯プログラム シンポジウム「RMP~現在のガイダンス~」「薬剤疫学関係者が意識すべきワクチンに関する諸課題」「服薬指導で伝えるべき情報の選択~注意と禁忌事項他~」ほか
◯事務局 愛媛大学大学院医学系研究科薬物療法・神経内科学
◯参加費 会員8000円、非会員1万円、学生4000円
◯開催案内URLhttp://ac.rsol.jp/jsp20/

開催予告

第8回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2014

◯日時 2014年10月12日(日)~13日(月)
◯場所 大阪国際交流センター(大阪市天王寺区)
◯プログラム 理事長講演「CKD患者の処方の見方、考え方」、ワークショップ「今から始める腎臓病薬物療法シリーズ」、パネルディスカッション「腎機能障害時の臨床薬物治療学」ほか
◯事務局 兵庫医科大学病院薬剤部
◯参加費 会員1万円、非会員1万5000円、学生5000円
◯開催案内URLhttp://www.med-gakkai.org/jsnp2014/

開催予告

第47回日本薬剤師会学術大会

◯日時 2014年10月12日(日)~13日(月)
◯場所 山形市民会館、山形国際ホテル(山形市)ほか
◯プログラム 分科会「次世代薬剤師の目指すフィジカルアセスメント」「がん治療の院内連携、地域連携」「質の高い在宅医療の提供に向けて」「ジェネリック医薬品の普及に果たす薬剤師の役割」ほか
◯事務局 山形県薬剤師会
◯参加費 一般1万円、薬学生1000円
◯開催案内URLhttp://www2.convention.co.jp/jpa47/


  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ