DI Onlineのロゴ画像

DIクイズ2(Q)
DIクイズ2:(Q)夏季に注意すべきエクセグランの副作用
日経DI2014年7月号

2014/07/10

日経ドラッグインフォメーション 2014年7月号 No.201

服薬指導
夏季に注意すべきエクセグランの副作用

良性小児てんかんのため、病院の小児科に通院している10歳の女の子Kちゃんとその母親が、受診の帰りに処方箋を持って薬局を訪れました。

Kちゃんへの処方が変更されていたため確認すると、母親は心配そうにこう話しました。

これまでテグレトールというお薬を飲んできたのですが、最近、また発作を起こすようになってしまいました。今日、先生に相談したら、お薬を変えることになったのですが、先生には、「このお薬を飲むと、熱中症になりやすくなるので気を付けてください」と言われました。飲み薬で熱中症を起こすことがあるのですか。

※薬歴によると、Kちゃん(体重32.0kg)は8歳時に中心・側頭部に棘波を持つ良性小児てんかんと診断され、テグレトール(一般名カルバマゼピン)を継続してきたが、今回、エクセグラン(ゾニサミド)に変更された。

Q1

エクセグラン(一般名ゾニサミド)が熱中症を引き起こす機序は次のうちどれか。

(1)体温中枢麻痺による発熱

(2)発汗減少 

(3)利尿による脱水

(4)皮膚の炎症

Q2

次に挙げる抗てんかん薬のうち、Q1と同様の副作用について添付文書に記載されている薬剤はどれか。

(1)カルバマゼピン(商品名テグレトール他)

(2)バルプロ酸ナトリウム(セレニカ、デパケン他)

(3)フェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)

(4)トピラマート(トピナ) 

(5)ガバペンチン(ガバペン)

(6)クロバザム(マイスタン)

解答ページへ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ